馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 中山 京都 中京

【日本ダービー】無傷3連勝で臨んだブラストワンピースは5着 10キロ増の影響も

2018年5月27日17時27分  スポーツ報知
  • 5着のブラストワンピース

 ◆第85回日本ダービー・G1(5月27日・芝2400メートル、東京競馬場、良)

 競馬の祭典は、5番人気のワグネリアン(牡3歳、栗東・友道康夫厩舎)が直線で抜け出して優勝。2015年生まれの3歳馬6955頭の頂点に立った。騎乗した福永祐一騎手は19度目の挑戦で、父の福永洋一元騎手が成し得なかった悲願のダービー制覇を果たした。

 人目もはばからず、男泣きしながら歓喜のウィニングランを行った福永騎手は「最後はただただ気合だけでした。(18度騎乗して勝てず)このままダービーは勝てないんじゃないかと思ったこともあった。(父に)いい報告ができる。福永家にとって悲願でしたから」と振り返った。

 2着は、逃げた4番人気の皐月賞馬エポカドーロ(戸崎圭太騎手)。16番人気のコズミックフォース(石橋脩騎手)が3着に入り、3連単は285万6300円の波乱となった。

 いずれも無敗のまま臨んだ断然1番人気のダノンプレミアム(川田将雅騎手)は6着、2番人気のブラストワンピース(池添謙一騎手)は5着に敗れた。

 池添騎手(ブラストワンピース=5着)「まずはスタートですね。唯一の不安が出てしまった。また、4コーナーで前のジェネラーレウーノが下がってきたので、切り替えるロスがあり、その間に勝ち馬にうまく回られてしまった。直線ではジリジリと伸びた。悔しいですね。うまく誘導できていれば、もっと際どい競馬ができた。あとはプラス10キロですね。中間はしっかり追い切りをこなして、いい感じで本番を迎えられたらと思ったが、プラス10キロでした。その差もあったかもしれない。僕が直線でうまく出せていたら違った。悔しいですね。ブラストワンピースにとっては一生に1回のダービー。何とかいい結果を出したかった。申し訳ないです」

PR
競馬
注目トピック