馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 東京 京都 新潟

【エルムS】ミツバJRA重賞初制覇へ納得の11秒9

2018年8月9日7時5分  スポーツ報知
  • スピードに乗って駆け抜けたミツバ

 ◆エルムS追い切り(8日、札幌競馬場)

 第23回エルムS・G3(12日、札幌)でJRA重賞初制覇を目指すミツバは札幌・ダートコースで好時計をマークした。

 大きなストライドで活気ある脚さばきが光った。JRA重賞初制覇を狙うミツバは、札幌・ダートコースで先行するマイラティーシャ(3歳未勝利)を目標にしてスタート。直線では一気に抜き去り併せ馬の形にはならなかったが、しまい強めに5ハロン67秒5―11秒9で好時計をマーク。加用調教師は「ずっと競馬を使っているけど、状態はいい意味でキープ」と、納得の表情でうなずいた。

 近走は後方から3コーナー過ぎでまくる形が板につき、前走のマーキュリーCもロングスパートで連覇を飾った。「馬込みとかは懸念するところはあるけど、オープンで通用する脚力が備わってきている。早めに仕掛けていかないとしようがないが、松山騎手がこの馬の感じをつかんでくれているからね」と、小回りコースでも立ち回りひとつで好勝負を見込む。

 逃げ宣言のドリームキラリをはじめ、有力な先行馬がそろったメンバー。「今回は行きたがる馬がいるから、ペースも速くなってくれたら。しまいのいい馬だからね」と指揮官。タイトル奪取へ人馬ともに自信が漂っている。(坂本 達洋)

PR
競馬
今日のスポーツ報知(東京版)