馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 中山 阪神

【コスモス賞】道営馬ナイママがロングスパートで中央勢撃破!岡田オーナー「才能はコスモバルクよりも上」

2018年8月11日15時59分  スポーツ報知
  • コスモス賞を制したナイママ(左)

 11日の札幌10R・コスモス賞(2歳オープン、芝1800メートル、10頭立て)は、3番人気の地方馬のナイママ(牡、北海道・田部和則厩舎)が、3角過ぎからのロングスパートが決まって快勝した。勝ち時計は1分50秒2。

 前半は好位5番手を進み、3コーナー過ぎから積極的に鞍上の五十嵐冬樹騎手が仕掛けていった。圧倒的1番人気の逃げるアガラスに4コーナーで並びかけると、激しい叩き合いを制して、先頭でゴールを駆け抜けた。門別でのデビュー戦では大差勝ち、前走(門別・ダート1700メートル)は2着に敗れていたが、初めての芝で見事に結果を出してみせた。

 五十嵐冬は「切れる馬ではないので、早め早めを心がけていた。ダートの伸び方とは全然違う。芝の方が走りがいい」と、パートナーをたたえた。五十嵐冬、田部調教師、岡田繁幸オーナーのコンビは、道営馬ながら04年の皐月賞とジャパンCで2着と中央の舞台でも活躍したコスモバルクを思い起こさせる。

 岡田繁幸オーナーは「(牧場時代から)調教が良かったので、ずっと信じていました。田部さんにはバルクよりも上だと言っていた。その才能を感じていた」と、かみ締めるように語った。次走は札幌2歳S(9月1日、札幌)に向かう。

PR
競馬
注目トピック