馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 中山 阪神

【こちら日高支局です・古谷剛彦】断水続く門別競馬場は来週の3日間開催も中止 被災地の早い復旧を願う

2018年9月12日6時0分  スポーツ報知

 9月5日の門別競馬を見終えた後、札幌の自宅に戻って就寝していた時に、携帯から緊急地震を告げるアラームが鳴り響き、激しい揺れが起きた。停電したこともあり明るくなるまでは身動きが取れず、充電していたスマホで状況を確認するのが精一杯だった。

 本来は、6日夜の飛行機で羽田へ行き、7日朝にソウルへ入り、コリアカップを取材する予定だった。しかし、新千歳空港が機能せず、航空会社に電話をしたくても、携帯のバッテリーが持たず、電波も弱くなっていたので、まともに会話ができない状況だった。LINEやメッセンジャーでは、送ったつもりでも送信されていないことが多く、電波の弱さが影響していることを知る。停電になると、様々な影響があることを、改めて感じた。

 周辺の地域は電気がついているところもあったが、住まいの電気がついたのは地震発生から約40時間後だった。電気がついた後、ようやく携帯の電波状況が良くなり、連絡を取り合うことができるようになった。

 週末のばんえい競馬、今週のホッカイドウ競馬が開催中止を発表。ばんえい競馬は、今週末の開催を薄暮で実施する予定だが、ホッカイドウ競馬は11日に、来週の3日間開催も中止することを発表した。シーズンオフのある競馬場で、クライマックスに近づく時期に、思わぬ事態となったが、門別競馬場はいまだに断水が続いている。給水車が来て、ある程度の対応はできているようだが、「馬を洗うことができない」と、厩舎の方々は嘆いている。

 スタンドは、実況席の窓ガラスが割れるなどの破損はあったが、想像しているほどの被害はなく、10日に予定していた能力検査を、13日にスライドして実施する。この能検でコースを本格的に使用し、色んな状況を確認できることになるだろう。

 取材できなかった韓国国際競走では、コリアスプリントをモーニン、コリアカップはロンドンタウンが勝利した。日本馬の大活躍を、現地で観ることができなかったのは残念だが、来年の楽しみとしたい。何にしても、被害を受けた地域の早い復旧を願うばかりだ。(競馬ライター)

PR
競馬
今日のスポーツ報知(東京版)