馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 東京 京都

【ローズS】「カンタービレ元気いっぱい、1800メートルはぴったり!大きなチャンス」…ルメール騎手に聞く

2018年9月13日7時0分  スポーツ報知
  • カンタービレ(手前)は初コンタクトのルメールを背に馬なりで最先着

 ◆ローズS追い切り(12日・栗東トレセン)

 ―先週は紫苑S(ノームコア)、京成杯AH(ミッキーグローリー)で重賞を連勝しました。

 「どっちも強かったね。ノームコアは春から良くなったと思うが、直線の脚が速くてびっくりした。ミッキーグローリーはペースもちょうど良かった。春はまだ緩かったけど、体が強くなったね」

 ―重賞3連勝の期待がかかるローズSは、カンタービレに騎乗します。12日の追い切りで初コンタクトを取り、栗東のCWコースで6ハロン88秒9―12秒0を馬なりでマーク。中リアオリヴィア(2歳新馬)、外エアウィンザー(4歳1600万)との3頭併せで最先着しました。

 「元気いっぱいだったね。追い切りはスローペースで行ったからちょっとかかったけど、バランスや息遣いが良かった。コントロールも問題ないよ」

 ―今回は1800メートルの距離に戻ります。

 「(2400メートルの)オークスは距離が長かったと思う。1800メートルはぴったり。大きなチャンスだと思う」

PR
競馬
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)