馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 中山 阪神

【ローズS】重賞初挑戦のセンテリュオは7着

2018年9月16日17時11分  スポーツ報知

  ◆第36回ローズS・G2(9月16日・芝1800メートル、阪神競馬場、良)

 秋華賞トライアルは15頭によって争われ、ルメール騎手が騎乗した5番人気のカンタービレ(牝3歳、栗東・中竹和也厩舎、父ディープインパクト)が4角で先頭に立ち、そのまま2着に1馬身1/4差をつけて押し切った。勝ち時計は1分45秒7。ルメール騎手は紫苑S(ノームコア)、京成杯オータムH(ミッキーグローリー)に続き、重賞騎乗機会3連勝となった。

 2着は中団から追い上げた2番人気のサラキア(池添謙一騎手)。直線で内を突いて3着に入った13番人気のラテュロス(秋山真一郎騎手)までに、秋華賞への優先出走権が与えられた。

 やや出負けして最後方から運んだ1番人気のサトノワルキューレ(ミルコ・デムーロ騎手)は、最速の上がり33秒1の脚で追い込んだが6着に敗れた。

 北村友騎手(センテリュオ=7着)「思っていた位置から運べました。この馬も脚を使ってくれていますが、上がりの速い流れになってしまいましたから」

 松山騎手(レッドランディーニ=8着)「内で脚をためることができました。最後まで伸びていますが、前も止まりませんでした」

 川田騎手(オールフォーラヴ=9着)「春より実が入ってよくなっていました。ただ、それがまだ競馬につながらない感じです」

 藤岡康騎手(アンコールプリュ=10着)「精神面での成長を感じましたし、折り合いもついて運べました」

 和田騎手(ウスベニノキミ=11着)「内から出していったけど、相手が強かった」

 福永騎手(フィニフティ=12着)「かからず、スムーズに運べた。まだ体力がつききっていない」

 太宰騎手(スカーレットカラー=13着)「直線はまだ脚を使えそうなところで不利がありました。これを使ってよくなりそうです」

 浜中騎手(レオコックブルー=14着)「相手が強かったですし、まだこれからといった感じの馬ですから」

 柴田善騎手(トーセンブレス=15着)「何だろう。いい感じで運べていたのに、4コーナーで追い出すと全然だった。よく分からないよ」

PR
競馬
今日のスポーツ報知(東京版)