馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 中山 阪神 中京

【中山新馬戦】ルガールカルム、鬼脚デビューV!

2018年9月23日6時0分  スポーツ報知
  • 馬なりで快勝したルガールカルム

 22日に行われた中山5R(芝1600メートル)の新馬は、単勝1・2倍の1番人気に支持されたルガールカルム(ルメール)がノーステッキで1馬身半差の勝利。牝馬3冠に王手をかけているアーモンドアイと同じロードカナロア産駒の牝馬に、主戦のルメールも能力を高く評価した。

 目が覚めるような鋭い末脚だった。4角7番手からルガールカルムは、残り200メートル付近で一気にギアを上げると、並ぶ間もなく前をかわし去った。ゴール前で流す余裕すらあったルメールは「直線はすごくいい脚で頑張ってくれた。軽い脚を使って、能力がありそう」と、ノーステッキの完勝に目を丸くした。

 他馬を怖がってスタートは後方からになったが、向こう正面で道中7番手まで進出。序盤で脚を使いながら、終始外を回って横綱相撲で押し切った。同じロードカナロア産駒の牝馬といえば、抜群の切れ味を武器に牝馬3冠に王手をかけているアーモンドアイが一つ上の世代にいる。その手綱を執る同じ鞍上が「切れ味のある馬。乗りやすかったし、強かった」と、素質に太鼓判を押すほどの豪脚だった。

 調教から抜群の素質を確信していた田村調教師は「競馬は楽しいと教えてあげる程度の仕上げで、ああやって勝つんだからね」と舌を巻いた。次走は未定で、今後は福島・ノーザンファーム天栄へ放牧に出される。圧巻のパフォーマンスは、早くも大舞台での活躍を予感させた。(坂本 達洋)

PR
競馬
注目トピック