馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 東京 京都 新潟

【次回注目馬】逃げ粘ったオメガハートクィンは2着 鮫島駿「調教本数もう少し欲しかった」

2018年9月24日12時14分  スポーツ報知

 ◆オメガハートクィーン(9月22日、阪神5R・新馬、芝1600メートル=2着)

 好スタートを決めて主導権を奪った。折り合いもスムーズで、前半の半マイルを49秒6のスローにうまく落として、マイペースの逃げ。そのぶんが直線のしぶとい粘りにつながった。評判だった勝ち馬のヴァンドギャルドにこそかわされたが、2着に粘り込む好内容だった。

 レース前に鮫島克駿騎手は「調教の本数が足りず、もう少し(調教本数が)欲しい感じはします。ただ、いい動きはしていますよ」と仕上がり途上でありながら素質を認めていた。“追い切り”替わりを叩いた上積みは大きそうで、次走は要チェックだ。(宮崎 尚行)

PR
競馬
今日のスポーツ報知(東京版)