馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 東京 京都 新潟

【秋華賞 ルメールに聞く】女王アーモンドアイ「今の日本で一番強い牝馬。絶対3冠を取りたい」

2018年10月11日6時0分  スポーツ報知
  • 仕上がりを確認した国枝調教師(右)とルメールは満面の笑み

 ◆秋華賞追い切り(10日・美浦トレセン)

 ―アーモンドアイが最終追い切り。しまいを確かめる程度でも、坂路で49秒7―12秒5の時計が出ました。

 「とてもいい感じだったし、彼女の状態は良さそう。時計は出たけど彼女としては軽い追い切り。バランスやフットワークが良かった。終わった後の呼吸も良かった」

 ―1週前(4日)はWコースで騎乗しました。

 「1週前もいい追い切りだったけど、だんだんコンディションは良くなっています」

 ―オークス以来の復帰戦です。

 「コンディションは100%ではないけど、95%はある。95%なら大きなチャンスがあると思う」

 ―ここまでのレースぶりを振り返って。

 「初めて乗ったときからポテンシャルは高くて、桜花賞、オークスと結果も出た。たぶん、いや絶対、今の日本で一番強い牝馬。絶対3冠を取りたい」

 ―春と比べての変化は。

 「あまり変わっていないけど、筋肉が大きくなった。もともと、ほぼ完璧な馬」

 ―京都の内回りの2000メートルが舞台です。

 「トリッキーなコースで、遅いペースで後ろの位置からだと少し大変。いいポジションの方がいい。スタートには注意します」

 ―最後に意気込みを。

 「日曜日はたぶん、僕のテンションが上がっている(笑い)。トリプルクラウンを取れる馬だと思っています」

PR
競馬
今日のスポーツ報知(東京版)