馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 中山 阪神 中京

【レディスプレリュード】モレイラ騎乗のプリンシアコメータが重賞2勝目 3連単は143万円超の高配当

2018年10月11日20時41分  スポーツ報知
  • 重賞2勝目を挙げたプリンシアコメータ(左)

 ◆第15回レディスプレリュード・交流G2(10月11日、ダート1800メートル、大井競馬場、良)

 JBCレディスクラシックの前哨戦は牝馬14頭(JRA5、南関東6、他地区3)によって争われ、ジョアン・モレイラ騎手が手綱を執った2番人気のプリンシアコメータ(牝5歳、JRA美浦・矢野英一厩舎)が好位追走から抜け出し、昨年12月のクイーン賞(船橋)以来の重賞2勝目。2着は6番人気の地元・大井のブランシェクール(吉原寛人騎手)、3着には13番人気だったホッカイドウ競馬のアルティマウェポン(真島大輔騎手)が入り、3連単は143万1700円の高配当になった。

 モレイラ騎手(プリンシアコメータ=1着)「(日本語で)ありがとうございました。(以降、通訳を介して)いつも勝利するのが目標であるが、重賞を勝つことはやはり特別な気持ちです。これで日本で重賞は3度目で、地方競馬では初めてで、うれしい。またこれからも地方でのレースも勝ちたいと思う。プリンシアコメータとは初コンビだったが、前のビデオをみたり、前回は同じレースに乗っていたので、馬を含めていいイメージがあった。返し馬でもコンディションがよかったし、スタートからいい流れだったし、勝負どころの反応も良かった。勝つことができてよかった」

PR
競馬
注目トピック