馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 東京 京都 新潟

【京都5R新馬戦】サトノウィザードが直線一気でダービー馬の全弟撃破 ルメール「走りそう」

2018年10月14日13時16分  スポーツ報知
  • カントル(右)を外から差し切るサトノウィザード

 10月14日の京都5R、2歳新馬(芝2000メートル=8頭立て)は、2番人気のサトノウィザード(牡、父ロードカナロア、栗東・松田国英厩舎)が後方から一気に伸び、デビュー戦を飾った。勝ちタイムは2分3秒6。

 ゲートを五分に出たが、自分のリズムを守って後方からの競馬。向こう正面ではクリストフ・ルメール騎手が手綱を押す場面もあったが、エンジンがかかると次位のカントルを0秒7差上回る上がり3ハロン33秒3の脚で差し切った。「道中は忙しかったが、直線でいい脚を使ってくれた。仕掛けてから、すごくいい反応だった。走りそうね」と、ルメール騎手は高く評価した。

 母は09年にローズSを勝ち、秋華賞で2着に好走したブロードストリート。松田調教師は「大きいストライドで走る馬で、ゲートの1完歩目を懸念していたが、ルメールが(体を)沈めてくれた。ポジションも後ろだけど、射程圏に入れてついて行けたし、うまく乗ってくれたと思います」と満足そうな表情だった。次走は未定。

PR
競馬
今日のスポーツ報知(東京版)