馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 中山 阪神 中京

ダンスディレクターが現役引退 種牡馬入り

2018年12月5日12時9分  スポーツ報知

 16、17年のシルクロードS・G3を連覇したダンスディレクター(牡8歳、栗東・笹田和秀厩舎)が12月5日付で競走馬登録を抹消した。JRAが同日発表したもので、今後は北海道新ひだか町のアロースタッドで種牡馬となる。

 同馬は父アルデバラン2、母マザーリーフ(父サンデーサイレンス)の血統で、デビューは3歳6月と遅れたが、既走馬相手の初戦を完勝。体質的な弱さがあって当初は使い込めなかったが、1400メートル前後を主戦場に徐々に実績を重ね、5歳2月にオープン入り。6歳1月のデビューからの主戦だった浜中俊騎手とのコンビで臨んだ16年のシルクロードSで重賞初制覇。翌年は武豊騎手とのコンビで同レースを連覇した。スプリントG1には3度挑戦したが、今年の高松宮記念の4着が最高成績だった。

 血統的には3代母にパワフルレデイがおり、93年日本ダービー馬ウイニングチケットが近親にあたる。

PR
競馬
注目トピック