馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 中山 阪神 中京

【阪神JF】Cデムーロ騎乗のダノンファンタジー申し分ない動き!外国人騎手国内G1・9週連続制覇なるか

2018年12月6日6時0分  スポーツ報知
  • 終始馬なりながら右肩上がりのラップで駆け上がったダノンファンタジー

 ◆阪神JF追い切り(12月5日、栗東トレセン)

 JRAのG1では、現在8週連続で外国人騎手が勝利をつかんでいる。今週は香港国際競走のため、阪神JFに騎乗予定の外国人騎手は2人だけ。Cデムーロのダノンファンタジー、今週から短期免許で騎乗するアヴドゥラのベルスール。ともに栗東・坂路での動きは上々。少数精鋭でも9週連続はあるかも。

 ダノンファンタジーは栗東の坂路を単走で、終始馬なりのまま53秒9。全体の時計は地味だが、重心が低いフォームで、力強くチップをかき込む迫力十分の動きは申し分ない。「先週に時計を出しているので、今日は坂路でいいかなと。先週に続き雰囲気が良く、動きもいい。順調にきていると思います」。イメージ通りの調整過程に、中内田調教師は悠然と構える。

 新馬で2着に敗れたが、相手は無傷の2連勝でサウジアラビアロイヤルCを制して、来週の朝日杯FSで牡馬相手にV候補とされるグランアレグリア。2戦目の未勝利をノーステッキで完勝し、ファンタジーSはラストを流して重賞初制覇。能力の高さは疑いようがない。

 1週前追い切りには、香港遠征のため騎乗できない川田に替わり、今回の鞍上を任されたCデムーロがコンタクトを取った。「とにかく乗りやすいし、コンディションも良さそう。反応が良くて、瞬発力のある馬だと思う。グッドチャンス」とフランスで活躍する名手も好感触をつかんでいる。

 中内田師は越えなければいけない壁を挙げるが、それは期待の大きさだ。「しまいに頑張ってくれるので、直線は長い方がいい。ただ多頭数も課題だし、馬群の経験も少ない。課題をクリアしてもらえれば」。3連勝でG1制覇を成し遂げ、ライバルよりひと足先に来春の主役に名乗り出るか。(宮崎 尚行)

PR
競馬
注目トピック