馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 東京 京都 中京

【シンザン記念】ミッキーブリランテは3着に終わる 坂井「最後に脚が上がってしまって…」

2019年1月6日17時28分  スポーツ報知
  • ミッキーブリランテは、一旦先頭に立つも伸びを欠き3着に敗れた(カメラ・高橋 由二)

 ◆第53回シンザン記念・G3(1月6日、芝1600メートル、京都競馬場、良)

 2019年のJRA最初の3歳重賞は12頭によって争われ、4番人気のヴァルディゼール(牡、北村友一騎手)が直線で内から鋭く抜け出して、新馬に続く連勝で重賞Vを飾った。勝ち時計は1分35秒7。昨年のアーモンドアイに続いて、ロードカナロア産駒が2年連続で優勝。管理する渡辺薫彦調教師(43)=栗東=は、開業4年目で初めての重賞制覇となった。

 首差の2着は後方から追い込んだ10番人気のマイネルフラップ(吉田隼人騎手)、さらに1馬身半離れた3着には2番人気のミッキーブリランテ(坂井瑠星騎手)が入った。1番人気の関東馬、アントリューズ(川田将雅騎手)は8着に終わった。

 坂井騎手(ミッキーブリランテ=3着)「直線はいい脚を使ってくれて一瞬“勝ったかな”と思ったんですがねえ。最後に脚が上がってしまいました」

PR
競馬
注目トピック