馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 中山 阪神 中京

武豊騎手、13年ぶりの一日騎乗機会4連勝!土日計6勝でリーディング首位発進!千葉ロッテ・吉井投手コーチにJRA初勝利もプレゼント

2019年1月7日6時0分  スポーツ報知
  • 京都2Rのマゼで吉井理人オーナー(左)のJRA初勝利を挙げた武豊はこの日騎乗機会4連勝

 武豊騎手(49)が京都で06年以来13年ぶりの一日騎乗機会4連勝を果たし、土日で計6勝。15年以来の首位発進を決めた。

 第一人者がいきなり魅せた。今年初めて京都に登場した武豊が5Rまでに騎乗機会4連勝。1番人気は1頭のみだったが、巧みな逃げ切りから鮮やかな差し切りまで、自在な戦法で勝ち星を積み重ねた。一日での4連勝達成は06年1月8日(9~12R)以来、13年ぶり。5日の中山での2勝を合わせ、計6勝でリーディングトップに立ち、「いいスタートが切れたと思う」と笑みを浮かべた。

 格別な一勝があった。2Rを逃げ切ったマゼは千葉ロッテ・吉井理人投手コーチ(53)の所有馬。20年来の親交がある友人に、記念すべきJRA初勝利をプレゼントした。「豊君で初勝利を挙げられて良かったです。足が震えました」と、2月のキャンプインまでの短いオフに現地へ駆けつけた吉井オーナーは笑顔。その横で、ユタカは「うれしい一勝ですね。長年の夢がかなった感じです」と満足げにうなずいた。

 今週はルメール、Mデムーロが不在の競馬。「鬼のいぬ間に、ね」と笑ったが、以前は“定位置”だった全国リーディング1位からのスタートは大きな力となるはずだ。3月15日に50歳の節目を迎える2019年。百戦錬磨の手綱さばきから目が離せない。(山本 武志)

競馬
注目トピック