馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 中山 阪神 中京

【紅梅S】メイショウケイメイがオープン特別初勝利で3勝目 古川「期待通り。学習能力が高い」

2019年1月14日16時2分  スポーツ報知
  • メイショウケイメイ(中)がプールヴィル(左)の追い込みをアタマ差でしのぐ(右は3着のノーブルスコア)

 14日の京都10Rの紅梅S(3歳オープン・リステッド、芝1400メートル=12頭立て)は、5番人気のメイショウケイメイ(牝、父ワークフォース=栗東・南井克巳厩舎)が直線で抜け出して勝利。オープン特別初勝利で、3勝目を挙げた。勝ち時計は1分22秒8。

 スタート後は控えて中団の外。手応え良く直線に入ると、ラスト1ハロン標識付近で先頭に立った。内から1番人気のプールヴィルが迫ってくると、再び伸び直すようにして頭差先着した。

 古川吉洋騎手は「期待通りでした。元々走ると思っていましたからね。今日は前が行っていたから、外枠だったし様子を見ながら運びました。(控える形は)前走で練習できていましたから。本当に学習能力が高い。マイルはギリギリのラインかもしれないけど、もってほしいですね」と笑顔を見せ、大目標となる桜花賞・G1(4月7日、阪神・芝1600メートル)を意識していた。

 南井克巳調教師は「今日は完璧な競馬でした。最初は逃げていたけど、追い込みも板についてきましたね。桜花賞が目標にはなるけど、次走は未定です」と話した。

 2着には1番人気のプールヴィル(秋山真一郎騎手)が入り、3着は4番人気のノーブルスコア(岩田康誠騎手)だった。

競馬
注目トピック