馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 東京 京都 小倉

【京都記念】ダッシングブレイズは7着も0秒2差 松山「まだまだやれます」

2019年2月10日17時15分  スポーツ報知
  • 7着だったダッシングブレイズ(カメラ・高橋 由二)

 ◆第112回京都記念・G2(2月10日、京都・芝2200メートル、良)

 伝統の重賞、京都記念はG1馬2頭を含む12頭で争われ、6番人気のダンビュライト(牡5歳、栗東・音無秀孝厩舎、父ルーラーシップ)が直線での叩き合いを制して、昨年のアメリカJCC以来の重賞2勝目。騎乗した松若風馬騎手(23)=栗東・音無秀孝厩舎=は17年きさらぎ賞(アメリカズカップ)以来、2年ぶりの重賞勝利となった。

 2着は1番人気のステイフーリッシュ(藤岡佑介騎手)、3着には2番人気だった16年の日本ダービー馬、マカヒキ(岩田康誠騎手)が入った。

 松山騎手(ダッシングブレイズ=7着)「展開が向かないなかでも、しっかりと脚を使って、差のないところまで来ています。いい馬ですし、まだまだやれますよ」

 川田騎手(ハートレー=11着)「レースでは動いてくれませんでしたが、背中の素晴らしい馬ですね」

 国分恭騎手(アクションスター=12着)「終始のめっていましたし、息遣いもひと息でした」

PR
競馬
注目トピック