•  スポーツ報知のWebサイト限定コラムがスタートしました。最前線で取材する記者が、紙面では書き切れなかった裏話や、今話題となっている旬な出来事を深く掘り下げてお届けします。皆さんを「ほーっ!」とうならせるようなコラムを目指して日々配信しますので、どうぞお楽しみください。

馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 中山 阪神 中京

藤田菜七子騎手に演歌界からもエール

2018年5月4日11時0分  スポーツ報知
  • 藤田菜七子騎手

 美人だよ かわいいよ 本気でほれた~ 菜七子 菜七子ぉ~

 切ないムード歌謡に、こぶしの利いた低音の美声。控えめな女性への愛を込めたこの演歌は、歌手の北川大介さん(47)が2月に発売した両A面シングルだ。

 タイトルは「菜七子」。「菜々子」でも「奈々子」でもない。この漢字はもしかして…。「デビュー20周年の大事な歌。楽曲をいただくのを楽しみに待っていました。そしたらこのタイトルで」と北川さん。曲名を決める際、人の名前から付けることになり、作曲した叶弦大氏が「菜七子」に決定。藤田菜七子騎手(20)の顔を見たり名前を見たりして、イメージから入っていったそうだ。

 競馬ファンの間でにわかに沸いていたこの歌。「私の名前を知らないような方も、発売当初からツイッターなどで話題にしていただきました」。その一方で、内容は競馬や菜七子騎手とは関係がないうえに、便乗すると売名とも思われるため、レコード会社の方針としても、連想させないように売り出してきた。

 この新曲については競馬と関連はないものの、北川さん自身は縁がある。所属する日本クラウンは、G17勝馬キタサンブラックでおなじみの北島三郎さんと同じ。「歌手を卒業かという年齢で、後輩に席を譲る活動をしながらも、趣味で続けてきた馬主で花開いたのは素晴らしい」。コンサートの遠征先にある競馬場に足を運ぶこともあるそうだ。

 「藤田さんに聴いていただくチャンスがあるのならうれしいですね。演歌界の応援団長になりますよ! 成績も上がってきていますよね」と、菜七子騎手の活躍をしっかりチェックしている様子。G1騎乗が可能となる通算31勝まで、あと3。エールの輪は広がっている。 (記者コラム・石野静香)

コラム
注目トピック