馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 福島 中京 函館

今年もよろしくお願いします(栗東)

2018年1月4日19時2分  スポーツ報知

 こんにちは、山本です。2018年、最初のパッチパチでございます。もちろん、ここは栗東。ナマ情報を中心に、今年もそろそろ行きましょうか。

 さて、昨年末から少しだけ実家に帰省。年末年始の日程が決まり、帰省の日程も決まった時、すでにラッシュの真っ只中でして、往復の新幹線はほぼ満席。正直、焦りました。ただ、関西から実家へ向かう時は新大阪が始発の便があるわけで、少しばかりホームでの待ち時間を増やせば、楽に自由席にありつけるはずと判断。実際にのんびりと席を確保して、驚くほどに楽な帰省となったのです。

 さらに、年が明けてからの九州から関西へ帰ってくる便はキャンセルが出て、指定席をゲット。今年はいきなり流れがいい、と喜んでいたのですが、これが早すぎた。大分から小倉への特急を降り、新幹線に乗り継ごうとした時のことです。博多、小倉間で電車のトラブルがあり、多少の遅れが生じているという一報。ホームや待合所に人があふれています。ただ、僕の便は「約15分遅れ」と書いている。のんびりとホームで構えていました。

 ただ、15分が20分、30分と変わっていき、電車が来る気配も全くない。ふと気がつけば、何と100分になっている。結局、2時間近くの遅れで、栗東までたどり着いたのは日が変わる12時前です。これね、最初から100分と書かれていれば、諦めもついて、下の喫茶店でのんびりしているんですよ。けど、ジワジワ数字が増えていく手法はぶっちゃけ、タチが悪い。寒風吹きすさぶホームで正月早々、一人たたずむのは切ないですよ。

 まっ、とにもかくにも、1年がスタート。今年もどーでもいい前振りから、POG情報までお付き合いくださいませ。では、そろそろ本題へ。

 まずは安田隆厩舎から。昨年末の中京の新馬を快勝した【ミッキーワイルド(牡、父ロードカナロア)】は早くも栗東に戻り、連勝を狙うクロッカスSへの調整を開始しています。鞍上は引き続き福永J。「まだ不安もある中で、強い競馬で勝ってくれた。今度はオープンで楽ではありませんが、期待もしています」と安田隆調教師は力が入っていましたよ。今年、数多く管理しているカナロア産駒の中でも、最も父親に似ている馬と話していますね。

 阪神で新馬を勝った後、放牧に出されている【ダイアトニック(牡、父ロードカナロア)】は東京最終週の平場、芝マイルで確実に2勝目を狙うようです。不利がありながらも差し切った初戦の内容に、トレーナーは手応えを感じているようですね。あと、2戦目で初勝利を挙げた【オメガラヴィサン(牡、父ロードカナロア)】はこぶし賞に出走予定。ここは確か、平田厩舎で朝日杯FS4着の【ケイアイノーテック(牡、父ディープインパクト)】も出走を予定していたはずです。

 あと、厩舎ゆかりの血統馬でもある【カレンスレイ(牡、父ノヴェリスト、母カレンチャン)】は栗東に戻ってきました。すでにゲート試験は合格ずみですが、使うレースは未定。「血統は短いところですが、体形的には距離が延びてもよさそうな感じなんですけどね」とトレーナーは頭を悩ませていました。さらに、ゲート試験合格後に放牧へ出されていた【グラウベン(牡、父ノヴェリスト、母サンドリオン)】は骨りゅうが出たようで、再入厩の時期は少し遅れるようですね。

 続いては今年もたっぷりお世話になるでしょう、坂路小屋の話題から。まずは残念なお知らせです。福寿草特別を予定していた音無厩舎の【シエラネバダ(牡、父ディープインパクト)】は筋肉痛で回避することになりました。「ちょっと時間がかかりそう」と音無調教師。放牧に出され、じっくりと回復に専念するようです。あと、年末の平場500万で5着だった【フランツ(牡、父ディープインパクト)】も成長を促すため、一度放牧へ出されることになりました。

 一方、昨年末の新馬では期待馬の【ダノンマジェスティ(牡、父ディープインパクト)】が快勝。陣営や和田Jがまだまだ緩いという中でも豪快な勝ちっぷりに、かなりの手応えを感じているようです。今後はきさらぎ賞に挑戦の予定。ここは池添兼厩舎の【カツジ(牡、父ディープインパクト)】も参戦する予定のようです。

 あと、昨年末は【インディチャンプ(牡、父ステイゴールド)】も新馬V。こちらは来週の京都芝マイルの自己条件、平場に参戦が決まりました。松若Jが中京で騎乗するため、菱田Jが騎乗します。ここには僚馬の【ヴァルディノート(牡、父ヨハネスブルグ)】も出走するようですね。

 あとは情報だけを簡単に触れて、週末の更新分に回します。年末の阪神芝2000メートルの平場で2着だった【エタリオウ(牡、父ステイゴールド)】は引き続き、和田Jとのコンビで梅花賞に向かいます。ホープフルSで14着の【ジュンヴァルロ(牡、父New Aproach)】は放牧でひと息入れる予定。あと、次開催の京都開幕週、芝2200メートルで復帰する【ピボットポイント(牡、父ディープインパクト)】は新たにMデムーロJとコンビを組むようです。

 今日はここまで、また明日です。ではでは

記事一覧
今日のスポーツ報知(東京版)