馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 中山 阪神

熱い平場(栗東)

2018年1月12日16時17分  スポーツ報知

 こんにちは、山本です。今日は金曜恒例、梅田の会社からのパッチパチ。ではでは、行ってみましょうか。

 さて、つい先日のこと。スーパーで「みりん」を買いました。我が家にみりんを置いてあった時期はあるんですが、自主的にみりんを買うのは恐らく、人生初のこと。昔は誰かがたまに買ってきて、置いていたような気がします。だって、自分ではみりんを使った料理なんて、何もできないですからね。

 そんなワタクシがなぜ、みりんを買ったのか。それは、ある料理が無性に食べたくなったからです。皆さんは「りゅうきゅう」という料理をご存じでしょうか。大分県ではよく作られている料理で、単純に言えば、刺し身(白身系)を醤油ベースのたれに漬け込んだもの。一晩ほど寝かせて、わさびと一緒に食べると、酒の肴としては最高なのです。

 先週だったか、結構な刺し身が残ってしまいまして、どうしようかと考えていた時にりゅうきゅうが思い浮かんで、作ってみようと思い立ったのです。作り方は非常にシンプルなので、何も困ることはない。で、りゅうきゅうを堪能しました。ただ、ワタクシがみりんを使ってできる料理はりゅうきゅう一品のみ。だから、我が家のみりんは今後、りゅうきゅうのためだけに使われることになるわけで、今後はりゅうきゅうがヘビーローテーションとして組み込まれることになるでしょう。色々とバリエーションをつけて、より美味なりゅうきゅうを追求していこうかと思っております。

 ということで、そろそろ本題へ。今日も明日の競馬を中心に見ていきましょう。とはいえ、明日の京都でPOG的に注目といえば、6Rの3歳500万ぐらいでしょうかね。前走のつわぶき賞で3着だった【サウンドキアラ(牝、父ステイゴールド)】が人気を集めそうですが、ここは音無厩舎の【インディチャンプ(牡、父ステイゴールド)】が非常に感触がいい。前走が辛勝のように見えるんですが、「あれは太かったし、風馬(松若J)が動くのが早いよ」と音無調教師はトーンは高め。その大きな理由となっているのが、今週の調教でしょう。ミッキーロケットを相手に手応えで勝りつつの先着。好時計もマークしました。「期待している馬なんだよ」とトレーナー。ミッキーアイル以来となる、3歳マイル王の座へ連勝となりますか。

 ここからプチ情報といきましょうか。池江厩舎では新馬、千両賞を連勝中の【サンラモンバレー(牡、父ロードカナロア)】は一度、放牧に出されました。「次走は未定ですが、マイル路線になると思います」と池江調教師。昨年末の新馬を勝った【キタノコマンドール(牡、父ディープインパクト)】も放牧でひと息入れるとのことで、歩様の良化など成長を促したいとのこと。さらに、昨年末の阪神平場芝2000メートルを勝った【シャルドネゴールド(牡、父ステイゴールド)】も少しソエの症状が出たようで、放牧でひと息入れるようです。

 次開催の京都では叔母にブロードストリートなどを持つ【サトノゲイル(牡、父ディープインパクト、母フィリス)】がスタンバイしています。「マイルから2000メートルの芝が合うのかなというイメージ。馬体は特別に大きくも小さくもなく、中肉中背といったイメージでしょうか」と池江調教師。デビュー戦なんですが、今は新馬の除外ラッシュということで、状態を見ながら、徐々に時期を決めていきたい考えです。

 新馬の除外ラッシュといえば、高野調教師も「使いたい新馬はいますけど、ジョッキーの確保も大変ですし、なかなかレースが決められないんです」と肩を落とします。高野調教師といえば、デビュー前の新馬に関しては非常に慎重なジャッジが多いんですが、「悪くない馬ですよ」とオッと思うような歯切れのいい感じだったのが【ダノンアモーレ(牡、父ディープインパクト、母ウォッチハー)】。まぁ、その後は新馬出走への狭き門についての話になったのですが、ちょっと覚えておいた方がいいかなという感じを受けました。

 続いては角居厩舎。新馬を勝った後、間隔を空けている2頭の牝馬の動向ですが、まずは【サトノワルキューレ(牝、父ディープインパクト)】が梅花賞へ出走します。こちらはデビュー戦も1800メートルでしたし、長い距離を求めて、ということでしょうね。あと、【エアシンフォニー(牝、父ルーラーシップ)】はつばき賞へ出走とのこと。確実に自己条件で2勝目を挙げ、重賞戦線へ向かう青写真のようです。

 あと、昨日の更新で触れると書いた友道厩舎の【ノーブルカリナン(牝、父ディープインパクト)】。これね、いつも取材させてもらっている大江助手の感触がすごくいいんですよ。「前回の放牧(デビュー戦から2戦目の間)から帰ってきた時もすごく良くなったなと思っていたけど、今回もすごく良くなっているんですよ。放牧から帰るたびに、本当に馬が良くなっている。いい感じです」と笑顔。確かに追って甘い印象を受けたデビュー戦から、前走内容は一変しましたもんね。次はエルフィンSの予定。連勝となりますか。

 ということで、ネット限定「厳選馬」は京都6Rの2インディチャンプを。サウンドキアラは強敵ですが、音無調教師の自信に乗っかりましょう♪ 続いては馬券王への道 延長戦をどうぞ。

京都3R・14ブレイクテーラー(前走は砂を被らない外へ出してからの伸びが目立った。外枠から一気の伸びに期待)

京都7R・10モンロー(休養前の2走が好内容。この距離がベストの印象で)

中山11R・6メイソンジュニア(先週のルグランフリソンに続く、ダート替わりでの一撃狙い)

中京11R・2ギモーヴ(結構、昔から好きな馬なんですよね。最近はレースぶりも安定。軽ハンデ、内めの枠を生かしての一発狙う)

 今日はここまで、また明日です。ではでは

記事一覧
今日のスポーツ報知(東京版)