馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 新潟 小倉 札幌

狭き門です…(美浦)

2018年1月18日16時2分  スポーツ報知

 こんにちは、川上です。本日は美浦トレセンより、パッチパチといきましょう。

 さて、本日のスポーツ各紙をにぎわせていたのは、「イチロー選手、日本復帰か」という話題。サッカーばかりやってきたワタクシにとっても、イチロー選手といえば野球界のレジェンド。ですが、当ブログで何度か書いておりますように当方は島根県出身でありまして…。幼少期からプロ野球を生で見る機会はなかなかなかったんです。

 あれは、さかのぼること18年前の2000年のゴールデンウィーク(調べて思い出しました…笑い)。野球好きの父に連れられて珍しく現地観戦したのが、お隣鳥取県の米子市民球場で行われました、近鉄VSオリックスだったんですよね。試合は1回裏にイチロー選手のホームランなどでオリックスがいきなり8点をリード。勝負あったかと思っていた2回表に、今度は近鉄がタフィローズ選手の本塁打などで7点返して、7―8。両チームのスター選手のホームランに加えて、序盤からかなりのスリリングな展開。さらには、試合が進むにつれて球場が謎の霧に覆われていきまして…。5回裏まで進んだところで今度は、「濃霧コールド」でゲームセット。当時小学生だったワタクシ、あまりのめまぐるしさに訳も分からず帰宅したのを覚えております。イチロー選手の生ホームランも含めて、今思えば非常に貴重な体験だったと思います!(笑い)

 そういえば、イチロー選手の奥様の福島弓子さんは、我らが島根県松江市出身なんですよね。日本のプロ野球に復帰するのか、メジャーでプレーを続けるのかは分かりませんが、いずれにしても、生きる伝説として今後も長くプレーし続けてほしいと願うばかりです。

 というわけで、本日は美浦で集まった情報をざっくばらんに。

 まずは、先週の京成杯組をまとめましょうか。未勝利戦から3連勝で初タイトルの【ジェネラーレウーノ(牡、父スクリーンヒーロー)】(矢野厩舎)は馬の様子を見ながら、報知杯弥生賞(3月4日、中山・芝2000M)か皐月賞直行か決められる模様。2着の【コズミックフォース(牡、父キングカメハメハ)】(国枝厩舎)は17日に放牧へ。コース適性やレース間隔を考慮して、すみれS(2月25日、阪神・芝2200M)が次走の第1候補として挙がっているようですね。3着の【イェッツト(牡、父カンパニー)】(金成厩舎)はゆりかもめ賞(2月4日、東京・芝2400M)へ。4着の【ライトカラカゼ(牡、父キングヘイロー)】(相沢厩舎)は「放牧を挟んで、スプリングS(3月18日、中山・芝1800M)を視野に進めたい」と相沢調教師でした。5着の【サクステッド(牡、父タートルボウル)】(小西厩舎)は17日に放牧に出ており、次走未定です。

 それから、ホープフルSで13着に敗れた【フラットレー(牡、父ハーツクライ)】(藤沢和厩舎)は、当ブログで候補のひとつとして紹介したセントポーリア賞ではなく、2月17日東京の500万、芝1600Mで仕切り直し。【タワーオブロンドン(牡、父レイヴンズパス)】(同)はアーリントンC(4月14日、阪神・芝1600M)で復帰予定ですね。昨年のダービー馬レイデオロの弟、【レイエンダ(牡、父キングカメハメハ)】(同)は、ノーザンファーム早来のほうで調整中で、復帰の予定はまだ決まっておりません。

 大竹厩舎では、サフラン賞で2勝目をあげた【レッドイグナント(牝、父ロードカナロア)】が状態を見極めながら、アネモネS(3月11日、中山・芝1600M)を視野。僚馬の【ブラストワンピース(牡、父ハービンジャー)】は、ゆりかもめ賞(2月4日、東京・芝2400M)へ。鞍上は新馬勝ちに導いた池添Jを引き続き予定しています。

 

 あと、石野センパイから届いた矢野厩舎情報もいきましょう。【オフザロック(牡、父ゼンノロブロイ、母オフジオールドブロック)】は1月6日の帰厩以来、乗り込みを消化中。こちらは半姉に砂上で5勝のオールドパサデナ、全兄に同4勝のシュナウザーがいますね。「血統、動きともにいいし、以前に入厩した時より良くなっているイメージ。今後楽しみな一頭です」と矢野調教師。こちらは2月3日東京か同17日東京の新馬戦(ともにダート1400M)目標で、鞍上はシュナウザーの主戦でもある田辺Jを予定しています。それから、新種牡馬の父に、母も09年阪神JF3着ベストクルーズの【レジェンドソウル(牡、父ロードカナロア、母ベストクルーズ)】。「スピード十分だし、能力は水準以上。少し早かったので、先週除外で延びてちょうど良かったと思います」とトレーナーも週中から期待の口ぶりでしたが、先週に続いて先ほど行われた今週(21日、中山・芝1600M)の出馬投票でも除外となって来週以降へ…。注目の一頭に変わりはないですが、今の新馬戦は投票ラッシュで出走にこぎつけるだけでもとにかく狭き門となっております…。

 今週の新馬情報のほうは明日の紙面などを見て頂いて、本日はひとまずこのあたりで失礼します。ではではまた!

記事一覧
今日のスポーツ報知(東京版)