馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 新潟 小倉 札幌

振り返り&少しだけ(美浦)

2018年1月21日18時35分  スポーツ報知

 こんにちは、川上です。昨日に引き続きまして、本日も取材終わりの中山競馬場からパッチパチでございます。

 本日も中山の3歳戦の振り返りからいきましょう。4Rはダート1800Mのメイクデビュー。勝ったのは、1番人気に支持された【グロンフォール(牡、父ハーツクライ)】(新開厩舎)でした。4角2番手から後続をグングン引き離して大差勝ち。シルクR×新開厩舎のダート新馬Vといえば、最近でも、早くから活躍したアルーアキャロルなどがいますね。ルメールJも「適性はダートっぽいね」、新開調教師も「現状はダート路線を考えている」とのこと。次走はまだ未定ですが、レースぶりからも注目を集める存在になっていきそうです。

 続いて5Rの芝2200Mの未勝利戦は6番人気だった【マイネルキラメキ(牡、父ステイゴールド)】(和田雄厩舎)が突き抜けました。「最後も周りをキョロキョロしていたけど、脚を使ってくれた。(410キロ台で)馬体はない馬だけど、これなら上のクラスでも楽しみですね」と柴田大Jは好感触。1馬身3/4差の2着には【ワセダインブルー(牡、父ハービンジャー)】(金成厩舎)で、「厩舎のほうでゲートの練習をやってくれていて、いいタイミングで出て、出たなりの位置(10番手)から運べた。ただ、あれ以上出して行くと脚がなくなるかも」と吉田隼Jでした。3着の【アストラサンタン(牝、父ハーツクライ)】(戸田厩舎)には、「いい位置で運べたけど、直線で狭くなったし、距離が少し長いのかも」とルメールJ。鞍上の感触的には2000Mくらいが良さそうとのこと。一方、1番人気に支持されたウムブルフの半弟【ウムラオフ(牡、父ステイゴールド)】(堀厩舎)は直線でいったんは先頭に立ちましたが8着まで。「まだちょっと子供だね…」とMデムーロJは成長待ちといった感じでした。

 6Rは芝1600Mのメイクデビュー。3番人気の【ロフティフレーズ(牝、父ロードカナロア)】(上原厩舎)が粗削りながらも力強く差し切りました。馬場入りの段階から各馬を近くで見ておりましたが、返し馬で馬上の内田Jから「やべ~よ~!」との叫び声が…。それでも、レースでは何とか折り合いもついていまして、「気性が新馬向き。最後までいい脚を使ってくれていた」と実戦での走りには内田Jも合格点。今後は「馬の様子を見ながら決めたい」と上原調教師でした。

 3着には、こちらも馬場入り前に津村Jを振り落としてしまった7番人気の【グレンガリー(牡、父ハービンジャー)】(萩原厩舎)。「返し馬からまだ子供だったけど、競馬に行ったら良かった。今後は精神力が大事になってくると思う」と津村J。勝ち馬同様に粗削りな感じですが、現状で3着ですから能力は高そうです。

 

 あとは9Rの若竹賞(芝1800M)も。勝ったのは関西馬の2番人気レノヴァールで、野路菊Sでのワグネリアンの2着などで評価を高めていた【ディロス(牡、父ステイゴールド)】(木村厩舎)は単勝1・5倍の断然人気でしたが、直線で伸び切れずに3着まで。「スタート前はリラックスしていたけど、道中で引っかかっていて、最後に伸び切れなかった…」とルメールJは振り返っていました。以前からの課題のひとつだった力む面が出ていたようですし、距離的な選択も含めて、今後についてはまた取材しておきます。

 

 あとは最後に週中に石野センパイから頂いて乗せ忘れていたPOG情報も少しだけ。重賞3勝マルターズアポジーの半弟にあたります【マルターズアグニ(牡、父マツリダゴッホ、母マルターズヒート)】が現在放牧先で調整中ですが、「非力で時間がかかっていましたが、あと1、2週したら入厩させるつもりです」と堀井調教師でした。

 僚馬では、【コーラルフィーユ(牝、父アポロキングダム、母コールミーシュガー)】が隠し玉?の気配。東京開催に変わる来週28日のメイクデビュー(ダート1400M)に、蛯名Jで初陣を予定していますが、「走りますよ。一発ありそう。人の言うことを素直に聞くし、お尻がたくましくて牝馬らしからぬ馬体をしている」とトレーナーは自信ありの様子です。

 というわけで本日はここまでで。ではではまた!

記事一覧
今日のスポーツ報知(東京版)