馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 中山 阪神

1強ムードか(栗東)

2018年3月7日18時48分  スポーツ報知

 こんにちは、山本です。今日も栗東からのパッチパチ。ではでは、行ってみましょうか。

 さて、2週前と先週のこと。特に飲みに出る用事もなく、夜に家でテレビを見ながら、のんびりとする日が何日かありました。昔なら、暇な時=一人で行ける三宮(神戸の繁華街)のBARへGO! ってな感じだったはず。ところが、どうにも足が重かったり、ぱらぱらと振る雨に行く気を失ったりと、らしくない行動が続く、続く。そんな時、年とったなと自然と感じてしまいます。

 今週は月曜日から栗東での早入り取材。普通なら連チャンで飲み屋さんに出かけたりするんですが、今回は2日目に後輩であるS社のTクンとスーパーで惣菜を買ってきて、自分で部屋飲みしている始末です。そして、いつの間にやら眠りに就いて、朝を迎えているわけで…。

 正直、例えば結婚とか、何かきっかけがあって、足が重くなるなら分かるんですが、自然と行動範囲が狭くなっているのは何だか嫌なモノです。そろそろ、寒さも和らぐ時期になってきましたから、今後は積極的に街へ繰り出そうかと思っておる次第。要はもっと遊びますってことを、何を仰々しく宣言してるんだと突っ込まれそうなので、そろそろ本題へ。

 来週は3歳戦戦が盛りだくさんです。まずは皐月賞トライアルのオープン特別、若葉SはG1馬の【タイムフライヤー(牡、父ハーツクライ)】が登場しますが、ここは個人的に素質に期待している大久保厩舎の【ダノンフォーチュン(牡、父ディープインパクト)】が引き続き浜中Jとのコンビで参戦。どれだけ通用するのか楽しみですね。

 中山ではフラワーCとスプリングS。スプリングSは関西馬でそれほど出走馬が見当たらない。清水久厩舎ですみれS3着の【ビッグスモーキー(牡、父キングカメハメハ)】が浜中Jで、あすなろ賞を勝った【エポカドーロ(牡、父オルフェーヴル)】が戸崎Jで、さらに若竹賞を勝った高野厩舎の【レノヴァール(牡、父ハーツクライ)】は北村友Jで参戦します。「前走は言うことない内容。乗り方も、進め方も上手だったと思います。操縦性の高さがありますね、この馬は」と高野調教師。引き続き、中山でのレースということに関しては、このセンスの高さに期待しているようですね。

 あとはファルコンSかな。こちらは安田隆厩舎から【ダノンスマッシュ(牡、父ロードカナロア)】が参戦します。今回は戸崎Jとの新コンビです。「前走はゲーとさえスムーズなら、勝ち馬はともかく、2着か3着はあったかなと思っています。中間はゲートに縛りつけも行っていますし。中間の調整は順調です」とトレーナー。当然、マイル路線を歩ませたい存在ですから、大事な大事な始動戦となります。

 そうそう、安田隆厩舎にはクロッカスSで7着に敗れた【ミッキーワイルド(牡、父ロードカナロア)】が今日、帰ってきました。こちらは3月24日、平場500万の阪神芝1400メートルを川田Jで予定しているようです。「まだ、体に弱いところがありますが、自己条件ですし、しっかり仕上げていきたい」とトレーナーは話していました。

 さて、先週は報知杯弥生賞が行われましたが、その1~3着馬の【ダノンプレミアム(牡、父ディープインパクト)】、【ワグネリアン(牡、父ディープインパクト)】、【ジャンダルム(牡、父Kittens Joy)】は皐月賞へ向かいます。「前哨戦としては悪くない内容だった。ただ、3コーナーでこちらが押しながら、勝ち馬にスッと離される分ですよね」と友道調教師は前向きに振り返りつつ、ダノンの強さを再認識した様子。

 そのダノンの強さっていえば、池江調教師は脱帽といった表情でした。「レース内容は完璧でした。あれで負けては仕方ない」と切り出した後でした。「勝ち馬の強さは異次元ですよ。あれは数年に一度出るかという怪物のレベル。こういう年もあるんですよ」と苦笑いを浮かべるのです。もちろん、友道調教師も池江調教師も今後は逆転へ向けてのシナリオを色々と練っていくとは思います。ただ、チューリップ賞と報知杯弥生賞が終わった後、牡馬も牝馬もクラシック1冠目は1強ムードが非常に強くなった。今週の栗東取材では、そんな印象を受けました。

 ということで、今日はここまで、また次回です。ではでは

記事一覧
今日のスポーツ報知(東京版)