Facebook
Twitter

馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 福島 中京 函館
注目レース: 函館記念・G3

メインレースの男(美浦)

2018年3月22日18時11分  スポーツ報知

 こんばんは、川上です。今日も美浦からのパッチパチでございます。

 本日はトレセンで聞いてきた3歳馬の話にさっそく行きましょう!

 まずは、今週のミモザ賞(24日、中山・芝2000M)に【ウラヌスチャーム(牝、父ルーラーシップ)】を送り出す斎藤誠厩舎から参りましょう。同じ中山だった前走の水仙賞は牡馬も交じっての一戦でしたが、しぶとく脚を伸ばして2着。前進を見せました。今回は距離を1ハロン詰めて、内回りの2000メートルへ。「内回りに替わるけど、1コーナーまでの距離もある条件なので。基本的にはマイルでも短いくらいの馬。状態は引き続きいいし、2勝目をあげて、オークスを目指していけたら」と斎藤誠調教師は期待。牝馬同士になって、新馬戦以来の2勝目を目指します。

 僚馬では、現3歳世代最後のメイクデビューとなった先週18日の中山4R新馬戦で、【フェンドオフ(牡、父クロフネ)】が4馬身差の逃げ切り勝ち。7番人気でしたが、井上Jの思い切りのいい逃げで快勝しました。「人気はなかったけど、期待は持っていた。時計のかかる馬場が向いている感じですね。デビューはこの時期になったけど、これから夏の大きなところを目標にしていけたら」とトレーナー。今後は放牧を挟んで、皐月賞デーの4月15日、新馬勝ちと同じ中山・ダート1800Mで2勝目を狙うプランです。

 それから昨年のPOG取材では、メインレースで活躍していく馬になってほしいと名付けられた“3時30分の男”の馬名でも注目を集めた、【ザスリーサーティー(牡、父ステイゴールド、母ツーデイズノーチス)】にデビューのめどが立ちました。こちらは福島開催1週目の未勝利戦、4月8日の芝1800Mが当面の目標とのこと。「以前から期待されていた馬ですからね。跳びが大きい馬だから中央場所でおろすことも考えつつ、調整を進めていきたい」と斎藤誠調教師でした。

 そうそう、この血統でいえば、半弟にあたる2歳馬の【ツーデイズノーチスの2016(牡、父ヴィクトワールピサ、母ツーデイズノーチス)】も斎藤誠厩舎に入厩予定。トレーナーは「まだ体質的に弱いところもあるけど、つなぎが柔らかくて馬格もある。距離適性的には伸びていきそう。上とは違うタイプだけど、父が替わっていいところを見せていってくれたら」と、きょうだいともに期待の口ぶりでしたよ。

 再び3歳馬に話を戻しまして、菊沢厩舎ではダート替わりで連勝中の【ミッキーポジション(牡、父ディープインパクト)】が、再び芝に戻っての青葉賞(4月28日、東京・芝2400M)へ。「切れるタイプではないけど、スタミナはかなりある。ダート馬だとは思っていないよ」と菊沢師です。それから、スプリングSで12着だった相沢厩舎の【ライトカラカゼ(牡、父キングヘイロー)】は大野Jとのコンビに戻って、山藤賞(4月14日、中山・芝1800M)へ向かいます。

 最後にダービー馬レイデオロの全弟、藤沢和厩舎の【レイエンダ(牡、父キングカメハメハ)】の話も。昨夏の新馬勝ち後は骨折で休養していましたが、今後は自己条件の夏木立賞(5月12日、東京・芝2000M)を目指して復帰の準備が進められる方針が決まりました。現在はノーザンファーム早来から天栄のほうに移って調整中。藤沢和調教師も「そう遠くないうちに戻ってくる形になると思う」とのことでしたし、復帰初戦に注目があつまりそうです。

 というわけで、本日はこのあたりで。ではではまた!

記事一覧
今日のスポーツ報知(東京版)