Facebook
Twitter

馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 福島 中京 函館
注目レース: 函館記念・G3

ミックスさせる季節です(栗東)

2018年4月5日17時35分  スポーツ報知

 こんにちは、山本です。今日は栗東からのパッチパチでございます。ではでは、行ってみましょうか♪

 さて、今週は「後悔先に立たず」という言葉の重さを痛感しています。というのも、火曜日のこと。ワタクシ、午前中からさしたる用事もなく、自宅から車で数分の甲子園球場、センバツ高校野球を見にいこうかと迷っていたのです。しかし、前の日に深酒したこともあり、体がわずかに重い。そして、何より飲み仲間&高校野球仲間でおなじみのS社のKクンとも連絡をとっていない。一人で行くよりは家でノンビリと画面越しの観戦にしようかと決めたのです。

 ところが、準決勝2試合が熱い、熱い。智弁和歌山と東海大相模によるシーソーゲームの打撃戦にしびれ、大阪桐蔭と三重の手に汗握る接戦を静かに見守る。もう、智弁と相模の試合の終盤からライブで見れるチャンスを逃した悔しさの中で見ていたんですが、やっぱりスポーツ観戦は生が一番。特に智弁和歌山の応援ソングとしておなじみの「ジョックロック」が何度も流れる中での観戦は楽しかっただろうな、と勝手に想像を膨らませるしかなかったのです。

 最近は飲み屋さんだけではなく、日常の行動でも動くより考えてしまう今日この頃。やっぱり、行動に移すのが一番です、色々と面倒くさがらずに…。ということで、高校野球が終わって、少し抜け殻モードの中、そろそろ本題へ。今日は3歳馬情報からいきましょう。

 本日はネットでご存じかと思いますが、皐月賞で最有力候補だった【ダノンプレミアム(牡、父ディープインパクト)】の回避発表で大揺れだった栗東トレセン。池江厩舎ではアーリントンCでの復帰を予定していた【サンラモンバレー(牡、父ロードカナロア)】が同レースを回避することが分かりました。「トモに疲れが出たので、回避です。今後は回復次第ですが、NHKマイルCは視野に入れています」とのこと。まだ、全く底を見せていないだけに残念ですが、何とかG1の大舞台に間に合ってほしいもの。

 さて、坂路小屋には腰などの手術をしていた音無調教師が戻ってきました。ということで、一気に3歳馬の現状を確認です。【ダノンマジェスティ(牡、父ディープインパクト)】は内田Jで青葉賞、【フランツ(牡、父ディープインパクト)】はMデムーロJで京都新聞杯に向かいます。あと、毎日杯で3着だった【インディチャンプ(牡、父ステイゴールド)】は引き続き岩田JとのコンビでアーリントンCに向かいます。マイル路線ですね。

 続いては友道厩舎。アザレア賞で2勝目を挙げた【スーパーフェザー(牡、父ディープインパクト)】の次走は未定なんですが、ゆきやなぎ賞で2着だった【エタリオウ(牡、父ステイゴールド)】は石橋Jとのコンビで青葉賞へ向かいます。毎日杯で6着だった【ユーキャンスマイル(牡、父キングカメハメハ)】は武豊Jとのコンビで京都新聞杯へ向かうことになりました。あと、【ノーブルカリナン(牝、父ディープインパクト)】は藤岡康JとのコンビでフローラSへ向かいます。あと、青葉賞といえば、橋田厩舎の【スズカテイオー(牡、父ディープインパクト)】も藤岡康Jで参戦予定とのこと。このあたりの次走報はすでにオークス、ダービーを見据えた感じですよね。

 ということで、2歳馬情報へいきましょうか。ちょっと、先週末から栗東に緑ゼッケンが増えてきましたね。先週末に松永幹厩舎の【ヤマニンマヒア(牡、父ディープインパクト、母ヤマニンカルフール】と【ナンヨーイザヨイ(牡、父エイシンフラッシュ、母シャルルヴォア)】です。ヤマニンはオープンまで出世したヤマニンボワラクテの下になりますね。また、取材しておきます。

 そして、昨日4日には中内田厩舎の【ダノンファンタジー(牝、父ディープインパクト、母ライフフォーセール)】が入ってきました。お母さんはアルゼンチンのG12勝馬で、セレクト1歳セールで9000万円の値段がついたんですよね。しかし、中内田厩舎、昨年よりかなり早い始動のように感じます。さらに、本日5日には高野厩舎に【アウィルアウェイ(牝、父ジャスタウェイ、母ウィルパワー)】が入ってきました。栗東初のジャスタウェイ産駒で、先ほど書いたインディチャンプの半妹になりますね。

 ということで、今日はここまで。明日は昨日、取材会が行われた、当ブログで大変お世話になっている「あの厩舎」について、たっぷりと書きたいと思います。ではでは

記事一覧
今日のスポーツ報知(東京版)