馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 中山 阪神

行くとこ、行くとこで(栗東)

2018年4月25日16時24分  スポーツ報知

 こんにちは、山本です。今日は栗東からのパッチパチ。で、突然ですが、明日は木曜日ですが、臨時休業とさせていただきます。恐らく来週も火曜からの始動で、木曜休業になるかと…。ひとつ、ご理解のほど、よろしくお願いします。

 さて、昨夜は栗東でJRA広報のHクン、最近不本意ながら当ブログの登場頻度が多いD社のOクンと飲み会。このHクンは昨年から広報として、お付き合いをしているんですが、もともと、このブログを見てくれていたといいます。振り返れば、美浦の先代となる牧野先輩(現デスク)が職員さんネタを頻繁に更新するようになってから、広報を始めとした職員の方からも「見てますよ」と声をかけられることが増えたようになった気がします。そうそう、先週あたりの更新で書いた元広報のNKさんからも連絡があり、素敵な東北ライフを開拓しようと、色々と画策している模様。バイタリティがありますよね、年上だというのに…。

 話を元に戻しましょう。Hクンと栗東で飲むのは2度目なんですが、行ったのは前回と同じ店。実は栗東滞在中、記者仲間で通う店は2か所あるんですけど、そのうちの一つは月、火曜日が定休日という実にノンビリとしたお店。ということで、実は火曜日に栗東で客人をもてなすとなると、ぶっちゃけ一択なのです。昨日は少しだけ新規開拓をしようかと思いましたが、訪れた先は電気が消えた状態で「準備中」。結局は行き慣れた場所で飲み、食べ、騒ぎという、いつもと同じパターンです。ということで、Hクンが楽しんでくれたかは分かりませんが、酒が飲める「お仲間さん」ですので、今後も大事にしながら、いいお付き合いをしたいと思っております。

 ということで、そろそろ本題へ。今日も2歳馬情報を中心に見ていきましょう。今日は色々と取材先で入厩している2歳馬の話を聞くことが多かったんですよね。

 まずは中内田厩舎で先週、ゲート試験に合格した【ダノンファンタジー(牝、父ディープインパクト、母ライフフォーセール)】ですか。こちらは近日中に一度、放牧へ出されるようです。お母さんはアルゼンチン産馬で、G1を2勝しています。ディープ産駒らしく、走りは軽いとのこと。早い時期からのデビューが見込めそうです。

 平田厩舎には【スマートユニバンス(牡、父ハービンジャー、母ブリトマルティス)】が入っています。全兄に同じ平田厩舎のクローソーを持ちますね。「クローソーは気性の面で短距離を中心に走っているけど、ハービンジャーだからね。マイル以上で期待したいし、馬は悪くないと思う」とのこと。早ければ阪神か中京でのデビューも視野に入っているような雰囲気でした。

 さらには高野厩舎の【アウィルアウェイ(牝、父ジャスタウェイ、母ウィルパワー)】。お兄さんは音無厩舎にいるインディチャンプです。こちらは昨日も書いたように、すでにゲート試験合格→放牧に出されています。「性格もいいし、扱いやすい。ゲートも普通にでるし、加速もつきそうな感じでした。いい馬だと思います」と高野調教師は手応えを感じている様子。こちらも早い時期からの活躍が見込めそうな1頭だと思います。

 そして、音無厩舎は今週末に2頭の入厩を予定しているようです。第一弾は【ハートスナッチャー(牡、父ダイワメジャー、母スナッチド)】と【ジョニーズララバイ(牡、父マンハッタンカフェ、母メジロアリス)】です。ジョニーズララバイは以前に書いたように、馬主は金子真人HD。ハートスナッチャーはシルクの馬なんですが、現在で540キロ近くあるとのこと。まずは2頭とも、ゲート試験合格を目指すことになりそうです。

 さて、音無厩舎の2歳馬情報、PART2を少々。まずは厩舎ではダンビュライトの半妹になります【フィブロナイト(牝、エイシンフラッシュ、母タンザナイト】ですかね。こちらは牝馬に出たということで、兄とは少々タイプが違う感じ。「ダンビュライトはルーラーシップのいいところが出ている感じだった。この馬はまだ牝馬っぽい感じがするね」とのことで、徐々に成長を促していく方針のようです。あとは【クリソベリル(牡、父ゴールドアリュール、母クリソプレーズ】ですか。こちらはクリソライトの全弟になります。「クリソライトに似てないんだけど、牧場サイドの評判は悪くない。大きい馬ではあるけどね」とのことで、やはりダート路線を目指していくようです。栗東に来るのも、そう遠い日ではなさそうで、秋デビューが本線ですが、夏もあるかもという雰囲気でした。

 続いてはディープ産駒を1頭。「期待馬」と歯切れのいい言葉が聞かれたのが、【ブリッツアウェイ(牝、父ディープインパクト、母スウィフトテンパー)】です。お母さんは米G1のラフィアンHなど重賞を4勝しています。「これはいい馬だね。ディープの牝馬なのに、体がしっかりとある点もいい」とのこと。育成も順調っぽい感じでした。

 最後に本日の栗東に須貝厩舎でアルバートドックの下にあたる【イニティウム(牡、父ハーツクライ、母ゴールデンドックエー)】、池添学厩舎にジェベルムーサの下にあたる【カテドラル(牡、父ハーツクライ、母アビラ)】が入ってきたようです。ということで、今日はここまで。また、明後日です。ではでは

 「馬トクPOGプリント」を全国主要コンビニのマルチコピー機で発売中! 社台グループの牧場で育成された2歳馬たちのスタッフコメント、血統を含めたプロフィルなどの情報が全部で157頭分詰め込まれたプリントです。詳細はこちら

記事一覧
注目トピック