Facebook
Twitter

馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 福島 中京 函館
注目レース: 函館記念・G3

予告通り(栗東)

2018年5月1日17時44分  スポーツ報知

 こんにちは、山本です。今週も火曜日ですが、栗東からのパッチパチ。ではでは、行ってみましょうか♪

 さて、つい先日のこと。同級生とコイバナ的な話になりました。4人中、ワタクシを含む2人が独身です。40歳を超えたオッサンたちが集まったというのに、言うてることは学生時代とさほど変わりない。例えば浮気の境界線について、などなどですわ。で、その中で「なぜ、今は不倫ってことがこれほどまでの悪事として取り上げられるようになったのか?」という話題に。もちろん、不倫はいけませんよ。当事者同士で揉めるのは、よーく分かります。しかし、世間のバッシングの勢いがすごくて…。やはり、最近の記憶をたどっていくと、この風潮のきっかけはゲスさんとBさんの話に行き着くんですかね。

 子供の頃だったか。デュエットで「3年目の浮気」なんて曲が流行った時期もあったんですよ。確か、男のパートで「3年目の浮気ぐらい、大目に見ろよ」なんて歌詞もあれば、女のパートでは「私にだって、その気になれば相手はいるのよ」と反撃するシーンもある。この曲、今なら炎上になりかねません。正直、家庭を持ってない身としましては、不倫をそこまで追究しなくても、と思っている派。まぁ、こんな業界にいながら、何を言うとんねんと突っ込まれるかもしれませんが…。

 こんな話、結婚してから書くと、妙な言い訳にとられかねないので、今のうちに書いておきます。ということで、そろそろ本題へ。

 先週末は栗東に多くの2歳馬が入ってきてましたね。主立ったところを拾うと、レインボーラインで天皇賞を勝った浅見厩舎にはゆかりの血筋と言えます【アカネサス(牝、父ロードカナロア、母クィーンズバーン)】。中内田厩舎にはダノンスマッシュの半弟になる【ロードゼウス(牡、父ディープインパクト、母スピニングワイルドキャット)】が入ってきました。その安田隆厩舎にも2頭の2歳馬が入厩。【サンサルドス(牡、父オルフェーヴル、母ヴィヤダーナ)】と【エスト(牝、父キンシャサノキセキ、母パシオンルージュ)】です。サンサルドスはダノンメジャーの半弟にあたりますよね。あと、高野厩舎には【ショウナンアリアナ(牝、父Frankel、母Restiadargent)】が入ってきました。

 梅田厩舎には叔父にグランプリボスを持つ【アドマイヤリーブラ(牡、父ハービンジャー、母アドマイヤキュート)】が入ってきましたが、これはジックリ進めていくようですね。梅田厩舎ではレッツゴードンキの全弟になる【ガッドハンド(牡、父キングカメハメハ、母マルトク)】もいるんですよね。「この血統、ドンキ以外が今ひとつで…」という梅田調教師ですが、「秋以降になると思うけど、悪くはないと思う」とのこと。また、話を聞いておきます。

 あと、松田厩舎に【サムシングキャスト(牝、父ヴィクトワールピサ、母ツルマルオトメ】と【ハギノアップロード(牡、父ブラックタイド×ウェイクアップマギー】が入ってきました。この2頭、POG取材会の時に「早いかも…」と松田調教師が口にしていましたからね。2頭とも栗東近くの淡路島で育成されていたんです。サムシングキャストは松田調教師が「いつも前向きな馬ですね。早くからいけそうですね」と話していましたので、見立て通りの早期入厩と言えるのではないでしょうか。ハギノの方も「馬の形はいい」と評価していました。

 ということで、この流れから今日の2歳馬情報は松田厩舎です。【プチティラン(牡、父オルフェーヴル、母ワイルドフラッパー】は厩舎で交流重賞を中心に活躍したお母さんの初子になります。ゆっくりと成長を促す方針のようですが、「繋ぎの柔らかい、いい馬です。インパクトの強い馬です」と手応えを口にします。現状では年内のデビューを目指しつつという感じですが、期待値は高そう。【オリーブジュエルの16(牡、父ベルシャザール)】は祖母のオリーブクラウンがオークス3着など長距離で活躍しました。「1歳時は成長過程にあって、馬がバランスを崩していた。見る見る間にバランスが取れてきた感じですね。いい馬のエリアに入ってきたと思います」と最近の成長度にトーンが上がってきた感じです。

 新種牡馬の子供ということでは【レイザーズエッジ(牝、父ジャスタウェイ、母ファニーモーク】でしょうかね。「ジャスタウェイの子は歩き方がきれい。秋になるとは思うけど、面白い。いい形をしています」と評価は高いですね。血統的には【スティールパスの16(牝、父キングカメハメハ)】も気になるところですが、「少し硬めの感じですから」と慎重に成長を促す方針のようです。

 で、今年の真打ち的な雰囲気がプンプンと漂っていたのが【ブロードストリートの16(牡、父ロードカナロア)】です。お母さんはローズSの勝ち馬で、牝馬戦線で存在感を示していました。「理想的な体をしています。ダービーを目指していくことになるんじゃないですかね」と口にします。当初からバランスの整っている馬だなと注目していたそうなんですが、「それが全く崩れないんです。筋肉量もちょうどいいと思います。形が整っています」と力が入っていましたね。

 ということで、今日はここまで。また、明日です。ではでは

 「馬トクPOGプリント」を全国主要コンビニのマルチコピー機で発売中! 社台グループの牧場で育成された2歳馬たちのスタッフコメント、血統を含めたプロフィルなどの情報が全部で157頭分詰め込まれたプリントです。詳細はこちら

記事一覧
今日のスポーツ報知(東京版)