馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 新潟 小倉 札幌

入ります(栗東)

2018年5月18日18時3分  スポーツ報知

 こんにちは、山本です。今日は金曜だというのに、実は栗東からのパッチパチ。ちなみに明日もここからの更新です。ではでは、行ってみましょうか。

 さて、歌手の西城秀樹さんがお亡くなりになりました。やっぱり、西城さんといえば「ヤングマン」でしょう。子供の頃はを何度も聞き、学校では踊らされたこともあったりするなど、常に耳にしていた歌でした。もちろん、「傷だらけのローラ」や、晩年に何かのアニメの主題歌になっていた「走れ正直者」なんて歌もあったな。

 しかし、子供の頃によく聞いていた歌の歌手の方や、バラエティーに出ていたタレントの方の年齢って、自分の頭の中で勝手に止まっています。西城さんを始め、その追悼コメントを出している皆さんを見ると、懐かしい名前の方々が60代、70代になっていて、何度驚いたことか。そりゃ、ワタクシが小学生の頃に活躍していたタレントさんなんだから、当たり前なんですが、何か勝手に40代、50代あたりなんですよね。皆さん、それほど外見が変わってないし…。まぁ、できるだけ訃報以外で懐かしい名前を見て、昔の思い出に浸りたいものです。

 ということで、渡辺謙さんの離婚のニュースに、「独眼竜政宗」を思い出したところで、そろそろ本題へ。今日は栗東で多くの馬がゲート試験に合格していました。中内田厩舎では叔父に重賞3勝のレッドスパーダを持つ【ルモンド(牡、父ディープインパクト、母ウィステリアアーチ)】に、兄にダノンスマッシュを持つ【ロードゼウス(牡、父ディープインパクト、母スピニングワイルドキャット)】、【オメガ(牡、父ダイワメジャー、母リアリサトリス)】の3頭。音無厩舎では【ジョニーズララバイ(牡、父マンハッタンカフェ、母メジロアリス)】が合格して、【ハートスナッチャー(牡、父ダイワメジャー、母スナッチド)】は不合格になってました。松田厩舎では速攻系の期待がかかる【ハギノアップロード(牡、父ブラックタイド、母ウェイクアップマギー)】も合格してました。

 あと、友道厩舎は3頭とも合格してました。【アドマイヤマーズ(牡、父ダイワメジャー、母ヴィアメディチ)】に、【アドマイヤユラナス(牡、父ハービンジャー、母ジュエルトウショウ)】、そして注目の【ブラヴァス(牡、父キングカメハメハ、母ヴィルシーナ)】です。ブラヴァスに関しては、大江助手に聞くと「すごく前向きさのある馬ですよ」とのこと。まだ、デビューまで1か月半ほどあるので、恐らく短期放牧に出ると思いますが、いずれにせよ、第一関門を突破といったところでしょうか。

 その友道厩舎は北海道シリーズ、函館で2歳馬が続々とゲート試験を受ける流れができていますが、今年も来週からゲート試験を受けるために、2歳馬が続々と入ってきます。まずは第一陣となるのが、【ビーチサンバ(牝、父クロフネ、母フサイチエアデール)】と【グランデストラーダ(牝、父ハーツクライ、母レジェンドトレイル)】の2頭。ビーチサンバは一度書きましたが、グランデストラーダも取材の感触がいいんですよ。「牝馬にしては馬格がある。体がすごくいいし、気性の難しい面も出していない」と友道調教師は口にします。試験合格の後は秋デビューか夏の札幌あたりになるんでしょうが、いずれにせよ朗報を期待しておきましょう。

 そうそう、今日の栗東に安田隆厩舎の【サトノボヌール(牝、父ロードカナロア、母スターダムバウンド)】が入ってきましたね。お母さんは米G15勝馬で、同国の最優秀2歳牝馬にも輝いています。あと、宮本厩舎にはゆかりの血統馬になる【ジューンワルツ(牝、父ハービンジャー、母アグネスワルツ)】が入厩。春の段階で「これはいい馬。お母さんに似ているし、すごく楽しみ」とトレーナーのトーンが高かった馬です。

 そして、この2日間で橋口厩舎に大挙、4頭の2歳馬が入ってきました。【カストリアの16(牝、父ジャスタウェイ)】、【フィーリングトーンの16(牝、父ヴィクトワールピサ)】、【ベストタッチダウン(牡、父タートルボウル、母タッチザピーク)】、そしてブラストワンピースの下にあたる【ヴィクトリアピース(牝、父ヴィクトワールピサ、母ツルマルワンピース)】です。カストリアの16はシュウジの半妹。実はもう少し後の入厩かなと思っていたんですが、「速いところをやり始めると、いい動きをしていたんです。シュウジそっくりですよ」とのことで、速攻系候補に急浮上といった感じです。

 ということで、ネット限定「厳選馬」をどうぞ。

京都9R・4アフリカンゴールド(松若Jが「前走がいい勝ち方」と評価すれば、西園調教師は「前走後から動きが変わってきた」と上積みを感じ取る。連勝狙える)

 続いては馬券王への道 延長戦でございます。

京都4R・6チャノカオリ(前走は中途半端に位置を下げ、脚を余したような感じの競馬。スムーズなら)

新潟10R・5レオコックブルー(出遅れ、スローに泣いた前走は参考外。見直す余地は大)

東京9R・9エアシンフォニー(素質馬が立て直した。広い府中で反撃)

 今日は3鞍のみ。また、明日です。ではでは

記事一覧
今日のスポーツ報知(東京版)