馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 東京 京都 福島

今朝の取材から(美浦)

2018年11月6日17時7分  スポーツ報知

 こんにちは。美浦取材班です。前振りなどはありませんが・・・ 今朝の美浦トレセンで取材してきた2歳馬情報を書いていきますね。

 まずは斎藤誠厩舎。【ココフィーユ(牝、父ロードカナロア)】は重賞初挑戦の京王杯2歳S(東京芝1400M)で戸崎Jを背に4着でした。斎藤誠調教師は、「もう一戦したいと思っているが、中山よりは中京かなという気がしている」と指摘。次走の候補として、こうやまき賞(12月1日、中京・芝1600M)もしくは牝馬限定のつぶわき賞(同9日、中京・芝1400M)があがりました。こうやまき賞といえば、厩舎の大先輩ヌーヴォレコルトも歩んだ一戦。動向に注目ですね。

 4日の東京新馬(芝1600M)を首差で制したのは【マドラスチェック(牝、父Malibu Moon)】。指揮官からは「鞍上がうまく逃げてくれた」と称賛の言葉が出ていました。次は牝馬限定の赤松賞(11月18日、芝1600M)か混合のベゴニア賞(同25日、同)を目指します。

 同じ日に福島新馬戦(ダート1700M)を9馬身差で圧勝したのは【ワシントンテソーロ(牡、父Curlin、母War Tigress)】。「中央場所でも脚は使えると思う」と指揮官で、カトレア賞(11月24日、東京・ダート1600M)に向かいます。4日の未勝利戦で勝ち上がりを決めた竹内厩舎の【カナシバリ(牝、父プリサイスエンド、母ミラクルクロス)】も同じくカトレア賞へ出走する予定です。

 火曜恒例の藤沢和厩舎も書いていきますね。まずは新馬勝ち(10月28日、東京・芝1800M)を果たした【ルヴォルグ(牡、父ディープインパクト、母キトゥンカブードル)】。好位で折り合いをつけて後続を引き離す、強い内容でしたね。次は重賞、東スポ杯2歳S(11月17日、東京・芝1800M)を予定とのこと。昨年はダービー馬ワグネリアンが制したレースで、どんな走りを見せるか楽しみな一頭です。

 同じく新馬戦勝利(10月27日、東京・芝1600M)の【レディマクベス(牝、父ハーツクライ、母レディオブオペラ)】は赤松賞へ。ここは夏の北海道で初陣を飾った【ミリオンドリーム(牝、父Frankel、母ミリオンセラー2)】も視野に入れていますが、こちらは7日の追い切りを終えてから正式に決めるようです。先月6日の未勝利戦(東京・ダート1600M)で3戦目にして初勝利をあげた【ロマンティコ(牡、父エンパイアメーカー、母ウェーブクイーン)】は、ワシントンテソーロやカナシバリと同様、カトレア賞へ。鞍上はムーア騎手が務めるとのことでした。そして、今週11日の東京・ダート1600MをオドノヒューJとのコンビで初陣予定なのが、【シハーブ(牡、父ゴールドアリュール、母サマーハ)】。17年日経賞覇者シャケトラの半弟に、「ダート向きのパワー型。ゴールドアリュール産駒だし見栄えもいい」とトレーナー。牝馬を中心に、2歳戦で猛威を振るっている藤沢厩舎勢から、今週も目が離せそうにありません。

 ブログの書き方になかなか慣れないですが… 今日はこのあたりで失礼します。それでは。

記事一覧
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)