馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 中山 京都 中京

今週の現場から(美浦)

2018年12月22日19時8分  スポーツ報知

 こんばんは、美浦取材班です。有馬記念前夜ですが、今週の美浦で集まった2歳馬の話も書いていきます。

 まずは藤沢和厩舎から。【ランフォザローゼス(牡、父キングカメハメハ、母ラストグルーヴ)】は1日の葉牡丹賞で2着。次は年明けの京成杯に挑戦の意向です。9月のサフラン賞で2着だった【コントラチェック(牝、父ディープインパクト、母リッチダンサー)】はフェアリーSへ。新馬Vの【シハーブ(牡、父ゴールドアリュール、母サマーハ)】は自己条件の黒竹賞(1月13日、中山・ダート1800M)で連勝を目指します。同じく新馬から連勝を目指す【ミリオンドリームズ(牝、父Frankel、母ミリオンセラー2)】はトレーナーによれば、2月から始まる「東京の重賞を目標に」(藤沢和調教師)進めていく方針でした。【フォッサマグナ(牡、父WarFront、母RiverBelle)】も東京開催が目標です。あと、新馬戦4着の【エデリー(牡、父ディープインパクト、母ヴァレリカ)】、2戦目で3着に前進した【キタノインパクト(牡、父ディープインパクト、母ボンバルリーナ)】はそれぞれ来週の未勝利戦で初勝利を狙います。

 尾関厩舎では、距離短縮のつぶわき賞で2勝目をあげた【アフランシール(牝、父ハーツクライ、母ルシュクル)】、同2着の【アゴベイ(牝、父ハーツクライ、母コージーベイ)】がそれぞれ年明けの続戦をイメージ。

 青木厩舎では、阪神JFで11着だった【ウインゼノビア(牝、父スクリーンヒーロー、母ゴシップクイーン)】がアネモネSから桜花賞へのローテーションを予定しているそうです。

 畠山吉厩舎の【アルママ(牡、父オルフェーヴル、母ホエールキャプチャ)】は初ダートだった前走で4着。トレーナーによれば、「このまま在厩で年内に走路調教再審査を受けて、次走は年明けのダート戦を予定している」とのこと。再度の砂投入で待望の初勝利を狙っていくプランです。

 駆け足ですが、本日はこのあたりで。それではまたです。

記事一覧
注目トピック