馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 中山 阪神 小倉

直行という選択肢(栗東)

2019年2月6日17時41分  スポーツ報知

 こんにちは、山本です。今日は栗東からのパッチパチ。早速、行ってみましょうか♪

 さて、本日は何やかんやで小忙しい1日になってしまいまして、これをスタートしたのも午後5時前。ということで、たまにネタに苦労する前振りゾーンはお休みとさせていただきます。申し訳ございません。早速、本題へ行きましょう。

 まずは、エルフィンSで大きな2勝目を挙げた吉村厩舎の【アクアミラビリス(牝、父ヴィクトワールピサ)】。こちらは放牧に出され、桜花賞へ直行するようです。「正直、桜花賞までの間に大きな成長となるとどうかと思うが、今回よりはいい状態で出せると思います」と吉村調教師は話します。しっかりと回復を促し、土台を作ってから立ち上げていく方針でしょう。それにしても、直線一気でぶち抜いた勝ちっぷりはインパクトがありました。「今回に関しては、まず勝ったことが大きいですね」とのこと。半姉にクイーンズリングを持つ血統馬に寄せる期待は、日に日に大きくなっているように感じます。

 「勝ったことが大きい」。この言葉を本日は別の場所でも聞きました。きさらぎ賞を【ダノンチェイサー(牡、父ディープインパクト)】で勝った池江調教師です。「川田Jがうまくためて、折り合って、脚を引き出してくれました」とレースを振り返った後、「何より、勝ったことが大きい。これで(賞金的に)ダービーに出られるということが決まったんですからね」。これで今週の【クラージュゲリエ(牡、父キングカメハメハ)】とともに、賞金的にダービーは問題なし。今後のローテも当然、組みやすくなります。ということで、今後は皐月賞、日本ダービーの2戦を使っていくとのこと。ターゲットを絞り、大舞台を狙っていくようです。

 東京で新馬を勝った【キスラー(牡、父ディープインパクト)】は引き続き、武豊JですみれSへ向かうことになりました。池江厩舎は【サトノルークス(牡、父ディープインパクト)】との2頭出しになりますね。で、ここは須貝厩舎の【アドマイヤジャスタ(牡、父ジャスタウェイ)】との対戦になる。「ゲートなどを含め、まだ能力だけで勝った感じ。距離が延びるのはいいんじゃないかと思います」と池江調教師は話していました。

 さてさて、友道調教師と3歳馬の次走についての話も行いましたので、ご報告を。若駒Sで思わぬ大敗を喫した【ブラヴァス(牡、父キングカメハメハ)】は引き続き武豊Jとのコンビで、ゆきやなぎ賞へ向かうことになりました。また、梅花賞で2着の【アドマイヤユラナス(牡、父ハービンジャー)】はアザレア賞を予定。さらに、白菊賞2着以来、休養している【ランブリングアレー(牝、父ディープインパクト)】は引き続き浜中JとのコンビでフラワーCに向かいます。

 ということで、最後に立ち寄った中内田厩舎では昨秋の萩S以来、休養していた【ルモンド(牡、父ディープインパクト)】がつばき賞に参戦するとのこと。ここは本当に面白そうなメンバーがそろうなぁ、少頭数だと思うけど…。今日はここまで、また明日です。ではでは

記事一覧
注目トピック