馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 中山 阪神 中京

トライアルたけなわ(美浦)

2019年3月8日20時1分  スポーツ報知

 こんにちは、坂本です。今日は午前中は美浦で取材して、今は名古屋に向かう新幹線の車中です。もちろん今週末の中京競馬取材のためですので、あしからず。

 それにしても先週の報知杯弥生賞は、なかなか難しい馬券でしたね。当初は夕方から降るはずの雨が、午前中から降り続けて芝は重馬場。逃げ、先行勢には厳しい流れで、8番人気のメイショウテンゲンが制して3連単45万7370円の波乱となりました。◎に指名したブレイキングドーンは、3着まで追い上げましたが、勝ち馬は無印で反省です。

 1番人気で4着となった【ニシノデイジー(牡、父ハービンジャー)】は、引き続き勝浦騎手とのコンビで皐月賞(4月14日、中山)へ。そして落馬負傷のルメールから急きょ乗り替わりとなり、初黒星の【ラストドラフト(牡、父ノヴェリスト)】も、皐月賞で巻き返しを目指します。また管理する国枝調教師が「あんまり緩い馬場だと…」と道悪を心配していた6着の【サトノラディウス(牡、父ディープインパクト)】は、ダービートライアルの青葉賞(4月27日、東京)へ向かう予定です。これらの馬たちが、良馬場で違ったパフォーマンスを見せることを期待したいですね。

 そして来週はフラワーCです。桜花賞トライアルではありませんが、前哨戦として注目ですね。1月の菜の花賞を制した藤沢和厩舎の【コントラチェック(牝、父ディープインパクト)】は、丸山騎手との新コンビで初重賞制覇を狙います。また出走する方向だった青木厩舎の【ウインゼノビア(牝、父スクリーンヒーロー)】は、7日の追い切りから仕上がりを考慮した結果、フローラS(4月21日、東京)に目標を切り替えるそうです。

 また藤沢和厩舎からは、チューリップ賞5着の【シェーングランツ(牝、父ディープインパクト)】が、引き続き武豊騎手と桜花賞(4月7日、阪神)へ。このまま在厩調整で本番へ仕上げていくようです。また先週の3歳500万(中山・芝1600M)で2勝目を挙げた【フォッサマグナ(牡、父War Front)】は、NHKマイルC(5月5日、東京)を目標にマイル路線を歩む方向。藤沢師によれば、レース後にルメール騎手から「マイルの方がいい」と進言があったそうです。また京成杯2着だった【ランフォザローゼス(牡、父キングカメハメハ)】は、青葉賞へ向かう予定のようです。

 あ、そろそろ「三河安城駅を時刻通り通過」しそうです。それではまた。

記事一覧
注目トピック