150周年

内定者座談会 Part6 選考で改善してほしいこと

 2022年4月に入社する6人の内定者に、報知新聞社を選んだ決め手、就活生へのアドバイスなどについて語り合ってもらいました。就活に全員共通の正解はありませんが、この業界を目指す方たちに少しでも参考になればと思います。

内定者(2022年4月1日入社予定)一覧

内定者
A(文学部社会学科)
B(法学部法律学科)    
C(芸術学部文芸学科)
D(美術学部グラフィックデザイン学科)
E(文学部人文社会学科)
F(文学部文学科)
    

逆に入社試験で取り入れたり改善してほしい点、困ったことはありましたか?

内定者 E 
 E 

(面接が)全部対面でそれがいいなと思ったんですけど、今年は緊急事態宣言の影響で(当初の予定がずれ込んで)だいぶ2次や最終が遅かった。報知のせいじゃないんですけど、早く就活を終わらせたかったので時期がもう少し早かったらうれしいなというぐらいです。1次、2次に比べたら最終の空気は重かったんですけど、最終はそんなもんだと思っていました。

内定者 C 
 C 

私も時期が遅かったなと思ったんですけど、そのおかげで対策もできたし、それはそれで結果良かったなと思います。そう、電話が来たのが最終面接の2日後ぐらいだったんですよ。絶対落ちたじゃんと思ってる時でうれしかったんですけど、それまでハラハラしました。

    
内定者 D 
 D 

期間が長かったです。2次選考の時に(事前に)内容が全然わからなくて、まさか面接があると思っていなかったので困りました。何を対策していったらいいかわからずにずっと固まってました。

    
内定者 B 
 B 

先の内容がわからないのは不安でした。私は作文ないのかなと思っちゃってた。あと最終面接が怖かったのはよく覚えてます。それまで楽しくお話しできていたので、威圧感がすごかったです。イレギュラーなことが来て頭がワッてなりましたし、何を言ったか全然覚えてないです。

    
内定者 F 
 F 

丸かぶりなんですけど、2次で何があるのかわからなかったのは、僕が受けた中で他になかったのでハラハラしました。それと最終で聞かれたこともびっくりして、他の人はできたのか?と思って確か帰った記憶があります。対策しておけばよかったなと思ったので、強いて言えばその2つが肝を冷やしました。それまでの面接で言ったことのないようなことを口走って、全然覚えてない(笑い)。

    
内定者 A 
 A 

私は対面だったので楽しくできました。最終面接が2時間ぐらい待ったんですよ。もう少し早めにしていただけたら(笑い)。

ページトップ