ロシアW杯公式試合球は往年の名作「テルスター」を最新技術でアレンジ

2017年11月10日4時30分  スポーツ報知
  • ロシアW杯の公式球「テルスター 18」

 ロシアW杯公式試合球発表!70年メキシコ大会「テルスター」を現代風にアレンジ

 アディダスは9日夜(日本時間10日早朝)に、ロシアW杯の大会公式試合球を発表した。使用されるのはエクイップメント・パートナーを務めるアディダス社の「テルスター 18」だ。

 「テルスター」と言えば、オールドファンは覚えているかもしれない、1970年メキシコ大会の公式球だ。当時はW杯を視聴する人々の自宅にあるテレビが白黒だったため、現代のカラフルなボールとは異なり、視認性を重視したシンプルな白黒だった。今回、アディダス社は「伝統から革新へ」というテーマコンセプトを掲げ、古き良き時代のものを現代のテクノロジーに落とし込み、

 メタリックプリント技術を活用した正方形柄(ピクセル)が組み合わされたデザインはデジタル時代を象徴し、現代版の「テルスター 18」を開発した。

 もちろん技術は最新鋭のものを使用しており、2014年ブラジル大会の公式試合球「ブラズーカ」から受け継がれる6枚均一パネルの組み合わせに、新たなパネル形状「アーバン パネルシェイプ」を採用することで高いボールバランスと飛行安定性に貢献。また、熱接合技術で縫い目をなくすことで、どこを蹴っても同一の反発力を生み、クラシックなスタイルながらも機能性は70年よりはるかに増している。

 また、ボールにはNFCの機能が内蔵されており、スマートフォンをボールのNFCのマークにかざすだけで、アディダス社が提供する特別なキャンペーン情報を入手できる。それを使って本大会観戦ツアーが当たるキャンペーンなどを展開予定だ。段階的に「テルスター 18」購入者にキャンペーンが予定されており、こちらも新しい取り組みとなりそうだ。

 サッカーの発展とともに、用具の発展もあり、時代のトレンドとなるW杯。さまざまな部分で目が離せないものになりそうだ。

サッカー日本代表
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ