ハリル監督、2月に本田を“最終チェック”

2017年12月25日6時0分  スポーツ報知
  • フランスに向かうハリルホジッチ監督

 ハリル監督が、ロシアW杯メンバー選考に向け本田を“最終チェック”する。フランスへの一時帰国前に取材に応じ、来年2月にも代表スタッフをパチューカへ派遣することを示唆。5月予定のW杯メンバー発表前最後の代表活動は3月の欧州遠征だけで、招集外となった選手のW杯行きは厳しくなる可能性が高い。指揮官はスタッフからの報告を受けて、本田の代表入りについて見極める方針だ。

 メキシコ視察について聞かれると「予定はある。全選手を網羅できる準備はできている」と明言。現在50人前後の代表候補者リストを欧州遠征前に約35人に、遠征後には30人まで絞り込む予定で、選手は3月の代表に入ることがメンバー入りへの“第一関門”だ。

 休暇後の1月は1次リーグで同組のコロンビア、セネガル、ポーランドの分析を行う予定。「山に籠もって映像を見る」と冗談を交えて語った。2月に欧州組の視察を行い、3月初旬に再来日する。

SAMURAI BLUE
サッカー日本代表
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ