【U21】森保監督、アジア選手権連覇に気合「1戦1戦大事に戦い、頂点を目指したい」

2018年1月9日13時32分  スポーツ報知
  • 同組の監督らと会見に出席した森保監督(左)

 ◆U―23アジア選手権2018(中国・江陰)

 U―21日本代表の森保一監督(49)が9日、10日の1次リーグB組の初戦を前に、同組の監督らと記者会見に出席した。16年の前回大会に続く連覇を目指す指揮官は「1戦1戦大事に戦い、(決勝までの)6試合をすることを目標に頂点を目指したい」と意気込んだ。

 1次リーグでは、10日にU―23パレスチナ代表、13日にU―23タイ代表、16日にU―23北朝鮮代表と対戦。日本は2020年の東京五輪を見据えて2歳下のU―21代表で臨む。指揮官は「全て特徴があって強いチーム。我々の最善の準備をしたい」と気を引き締めた。

サッカー日本代表
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ