ハリルホジッチ監督、FW中島翔哉の招集示唆

2018年3月2日11時16分  スポーツ報知
  • 来日したハリルホジッチ監督

 日本本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(65)が2日、欧州組視察と休暇を終えて約2か月ぶりに自宅のあるフランスから再来日。5月予定のロシアW杯メンバー発表前最後の親善試合となる3月23日マリ戦、3月27日ウクライナ戦(いずれもベルギーで開催)に、ポルトガル1部ポルティモネンセで9得点と活躍するFW中島翔哉の招集の可能性を示唆した。

 今年に入り代表のボヌベーコーチが2回、中島をチェックしており、来週末には3回目の視察を行う予定。中島について「我々は前線の左サイドであまりオプションがない。招集の可能性のある選手は全員チェックしている。中島はここ最近おもしろい試合をしている。瞬発力があり、活発にプレーをして相手を抜き去る選手はあまりいない」と評価した。

 3月中旬の欧州遠征代表発表まではJリーグ視察を行い、今日は19時キックオフの川崎―湘南戦、3日は鹿島―G大阪戦、4日は浦和―広島戦を視察して国内の代表候補選手をチェックする。

サッカー日本代表
今日のスポーツ報知(東京版)