関塚氏、後任監督は「技術委員の意見もしっかり聞いて一番適した人に」

2018年7月14日6時0分  スポーツ報知
  • 関塚技術委員長(左)と森保コーチ

 ロシアW杯を視察していた日本サッカー協会の関塚隆技術委員長(57)が13日、成田空港に帰国。16強入りした日本代表の西野朗監督(63)の後任について「サインをするまでは分からない。技術委員の意見もしっかり聞いて、一番日本代表に適した人にやってもらいたい」と持論を展開。現地では田嶋幸三会長(60)と会談し「会長には、技術委員会のあり方も尊重していただいている」と話した。

 最有力候補だった元ドイツ代表監督のクリンスマン氏との下交渉が破談になり、外国人など複数の売り込みがある中、有力候補にはU―21日本代表の森保一監督(49)が挙がる。五輪代表と兼任となった場合は両カテゴリーのスケジュール調整が困難になるが技術委員の中には「五輪は(開催国で)予選がないので何とかなるのでは」と話す委員もいる。20日の技術委員会で候補者が最終選定され、早ければ26日の理事会で承認される。

サッカー日本代表
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)