日本代表MF中島翔哉がポルトガルへ出発「ロシアW杯組とのプレーは楽しい」

2018年10月21日14時3分  スポーツ報知
  • 羽田空港から離日するサッカー日本代表・中島翔哉

 日本代表MF中島翔哉(24)=ポルティモネンセ=が21日、羽田空港から離日した。

 16日のウルグアイ戦(4〇3)では鋭いドリブルから何度も好機を演出。南野の得点をアシストするなどし、同DF長友佑都(32)=ガラタサライ=からは「ドリブルおばけ」と“最大級の賛辞”も受けたが「ロシアでW杯を経験した人たちは、経験があって素晴らしい選手。一緒にプレーするのはすごく楽というか、やりやすいですし、それ以外でも出ていない選手でも良い選手たくさんいるし、やっていてすごく楽しくプレーできました」と謙虚に振り返った。

 9月はポルトガル1部リーグの2試合で2得点1アシストを記録し、月間MVPにも選出。今季は開幕からリーグ全7試合に出場し、4得点3アシストをマークした。現地紙ではスペイン1部セビリアが関心を示していると報道も出ているが「自分がプレーすることによって期待してくれる人もいるし、それは選手としてはうれしいこと。ただ、自分ができることは毎試合プレーを楽しんで、チームの勝利に貢献するということ」とコメントした。

サッカー日本代表
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)