20歳冨安、「内容としては全然良くなかった」ボランチ抜擢もチャンス演出できず

2019年1月10日0時2分  スポーツ報知
  • 後半、攻め込む冨安健洋(カメラ・竜田 卓)

 ◆アジア杯1次リーグ第1戦 日本3―2トルクメニスタン(9日、UAE・アブダビ、アル・ナヒヤーンスタジアム)

 FIFAランク50位の日本は、同127位のトルクメニスタンに3―2で辛勝した。

 ボランチで先発したDF冨安健洋は「3点取れたことはよかったが、内容としては全然良くなかった」と厳しい表情で語った。

 立ち上がりからチーム全体が浮足立ち、前半にまさかの先制点を食らった。前掛かりになるとボールを奪われてカウンターを浴びる展開。冨安もボール奪取からシュートまで持っていく場面もあったが、決定的なチャンスを演出することはできなかった。冨安は「ポジショニングをもっと意識していかないといけない」と話し、「次もこういうゲームをしたらやられてしまう」と気を引き締めた。

SAMURAI BLUE
サッカー日本代表
注目トピック
報知ブログ(最新更新分)一覧へ