金星献上危機救う2発!不言実行のエース大迫「試合前に何か言っても何にもならない」

2019年1月10日6時0分  スポーツ報知
  • 後半15分、勝ち越しゴールを決め、雄たけびを上げる大迫(カメラ・竜田 卓)
  • 後半15分、勝ち越しゴールを決める大迫勇也(カメラ・竜田 卓)

 ◆アジア杯1次リーグ第1戦 日本3―2トルクメニスタン(9日、UAE・アブダビ、アル・ナヒヤーンスタジアム)

 FW大迫勇也(28)=ブレーメン=が森保ジャパンを救った。FIFAランク50位の日本は同127位で初対戦のトルクメニスタンに3―2で辛勝。大迫は0―1の後半11分に同点弾を決めると、4分後に勝ち越し弾。森保体制ではMF南野拓実(23)=ザルツブルク=と並び最多の4得点となった。同26分にはMF堂安律(20)=フローニンゲン=が追加点。オーストラリアがヨルダンに敗れるなど波乱続きの大会で白星発進した。

  *  *  *

 漂い始めた閉塞感と焦燥感。攻めては奪われ、速攻で冷や汗をかくことの繰り返し。そんな苦境を打ち破ったのは、やはり日本のエースの右足だった。0―1で迎えた後半11分。ペナルティーエリア内でパスを受けたFW大迫は、フェイントで相手DF1枚をかわすと、素早く右足を振り抜き同点弾。4分後には長友のクロスを冷静に蹴り込み、決勝点を挙げた。

■別格の存在感

 それでも「もっとうまくできたと思うし、もっともっと良いプレーができた」と笑顔はなかった。前半26分にまさかの先制点を献上。FIFAランキング出場24か国中23位(127位)の相手に大苦戦の展開を強いられた。MF柴崎のパスは乱れ、MF南野のドリブルは引っかかる。積極的に前に上がる両サイドバックにはボールが配球されない。森保一監督(50)は「初戦特有の難しい試合になってしまった」と振り返った。だがそんな“金星献上”がちらつく状況にも、大迫だけは別格の存在感を放った。

■「優勝しか見えていない」

 昨年末のリーグ戦で右でん部を負傷した。当初は立つ、座るの動作にも支障があったほど。アジア杯の出場も危ぶまれた。代表合宿合流後も別メニュー調整が続いた。だが「優勝しか見えていない」と強い気持ちでリハビリに臨み、6日からチームの全体練習に合流。試合前日は、取材エリアで立ち止まらず、「頑張ります」とだけ話し、ピリピリとした雰囲気を醸し出した。

■「FWは点を取ってなんぼ」

 言葉を発さないのには理由がある。「選手は言葉じゃなくてプレーで示せばいい。特にFWは点を取ってなんぼ。取れなかったら批判されるし、たたかれる。それでいいと思っているし、だから試合前に何を言っても何にもならない。取るか、取らないか」。単なるストライカーとしてではなく、日本のエースとしての強い覚悟を行動で出している。

■不言実行のエース

 試合後の取材エリア。大迫はTVカメラの前で「きれいなサッカーをしていてはこれからも絶対に勝てない」とだけ言い残し、駆け寄る報道陣をスルー。足を止めることなく無言でチームバスへ向かった。自身の2得点よりも、大勝が見込まれた相手に対して3―2というスコアで終えた悔しさが上回った。“不言実行”のエースは頂点のみを見据え、半端なく強い覚悟をピッチ上で表現していく。(岡島 智哉)

SAMURAI BLUE
サッカー日本代表
注目トピック
報知ブログ(最新更新分)一覧へ