Facebook
Twitter

【浦和】MVP柏木「浦和の太陽として輝けるようにならないと」

2017年11月26日7時0分  スポーツ報知
  • MVPを獲得した柏木(左)

 ◆アジア・チャンピオンズリーグ ▽決勝第2戦 浦和1―0アルヒラル ※2戦合計2-1で浦和が優勝(25日・埼玉スタジアム)

 浦和はホームでアルヒラルを1―0で下し、2戦合計2―1で10年ぶり2度目の優勝を果たした。0―0の後半43分、MFラファエル・シルバ(25)が決勝点を挙げた。日本勢として08年のG大阪以来9年ぶり3度目となるアジア約2万クラブの頂点に立ち、2度目の優勝は4クラブ目。MVPにはMF柏木陽介(29)が選ばれた。浦和は賞金300万ドル(約3億3000万円)を獲得し、12月6日(日本時間7日)にUAEで開幕するFIFAクラブW杯にアジア代表として出場する。

 大会を通じたMVPには、MF柏木が選出された。戸惑いながら「俺じゃないでしょ?って。(大会)トータルを含めて…って言われたけど。普通だったらラファ(エル)」と率直な気持ちを明かした。

 10月にはJ1神戸から5年契約の年俸1億5000万円で、完全移籍のオファーが届いた。「悩んだ」が、残留を決断。「このチームに情がある。浦和の太陽として輝けるようにならないと」と決意を新たにした。

 後半16分には、MF武藤のスルーパスに左サイドで抜け出したものの、最後はDFに寄せられた。その直後にペナルティーエリア付近でFKを獲得した。

 背番号10は輝いた。「周りを生かして周りに生かされるのが僕だと思っている」。副賞の賞金は「(チームの)皆さんのために使いたい」という。大陽のような笑顔がはじけた。(恩田 諭)

国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ