【神戸】今季19点の福岡FWウェリントンの獲得乗り出す

2017年12月4日5時0分  スポーツ報知

 神戸が福岡のブラジル人FWウェリントン(29)の獲得に乗り出していることが3日、分かった。今季J2で得点ランキング3位タイの19ゴールを挙げており、昨季得点王のFWレアンドロが左膝負傷で長期離脱している神戸が白羽の矢を立てた。

 ウェリントンは13年6月、当時J1の湘南に加入。一度母国へ戻った後、15年5月に福岡に移籍。188センチ、90キロの体格を生かし、J1通算45試合8得点、J2通算92試合46得点を記録した。神戸は仙台のMF三田啓貴(27)の獲得にも動いている。

 福岡は来季J1に昇格する長崎に地元出身としてリストアップされている国見高OBのDF中村北斗(32)が移籍する可能性もある。

国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ