【清水】久米新GM、新監督選びで早くも助言 就任予定は来年1月1日付

2017年12月14日7時0分  スポーツ報知

 J1清水は13日、名古屋社長などを歴任した久米一正氏(62)が来年1月1日付でGMに就任すると発表した。同氏は03~07年、清水で強化育成本部長などを務めており、11年ぶりの復帰となる。

 左伴繁雄社長(62)は「清水の地域性を知っている人材は彼しかいない。自分がいたころのエスパルスをベースに強化、育成を根を張ってやってもらう」と説明。交渉中の新監督人事でも助言を受けているという。

 久米氏は浜松市出身。浜名高、中大を経て日立製作所に入社し、柏で強化本部長などを務めた。清水を経て08年から名古屋GMに。10年にはDF闘莉王らを補強しクラブ初の優勝に導いた。16年からは日本サッカー協会将来構想委員を務めている。

国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ