Facebook
Twitter

【山本昌邦氏のW杯完全予想】B組は逆襲のスペイン

2018年1月2日7時0分  スポーツ報知
  • スペインの予想布陣

 スペインは1次リーグ敗退となった前回大会の借りを返したい気持ちが力になるだろう。ダビドシルバ、イニエスタ、イスコ…。誰を見ても一級品だ。ポルトガルは欧州選手権Vで、C・ロナウドを生かす形が見えてきたのが強みで2位には入る。

 ◆イラン

 アジア最終予選A組を無敗突破。FIFAランクアジアトップの実力はダテじゃない。14年ブラジル大会は国内組中心だったが、現在は主力の多くが欧州組。【組み合わせ】には恵まれなかったが、最終予選4得点の【イランのメッシ】アズムンの爆発に期待だ。

 ◆モロッコ

 16年に17歳で代表デビューした次世代のスター、ハキミに注目。アヤックスで10番を背負うジイェフ、ユベントスのベナティアらを擁し、個々の能力は低くない。【国際経験の乏しさ】を、立候補している26年W杯初開催に向けた【モチベーション】で補いたい。

 ◆スペイン

 ポゼッションを高めて試合を支配し、相手の戦意をそぐ【パス回し】は健在。おなじみのメンバーに加えてRマドリードのイスコら【若い世代の台頭】も著しい。前回大会1次リーグ終戦の雪辱に燃える。唯一の不安は実績に乏しい【ロペテギ監督の経験不足】か。

 ◆ポルトガル

 16年欧州選手権を制した優勝候補。【戦術・ロナウド】とも言われるバロンドール男のC・ロナウドを中心とした攻撃力に加え、最終予選10試合4失点と守備も整備された。【初戦のスペイン戦】で少なくとも勝ち点1を拾えれば1次リーグ突破は間違いない。

国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ