【高校サッカー】日本文理GK経験1年相沢、PK止めた!決めた「自分が蹴ると思ってなかった」

2018年1月4日7時0分  スポーツ報知
  • PK戦で相手のシュートを止める日本文理・相沢ピーターコアミ

 ◆第96回全国高校サッカー選手権大会 ▽3回戦 日本文理1(PK7―6)1作陽(3日・浦和駒場スタジアム)

 3回戦8試合が各地で行われ、8強が出そろった。5日に準々決勝4試合が行われる。

 日本文理は、父がガーナ人で、GK経験わずか1年の相沢ピーターコアミがPK戦で躍動し8強入りに貢献した。1人目以外は全て右に跳ぶと5人目と最後の8人目をストップ。7人目にはキッカーとして登場し「自分が蹴ると思ってなかった」と振り返ったが、冷静に右に決めた。FWとしてプレーしていたが、昨年1月から190センチの長身と存在感を買われGKに転向した変わり種。「しっかり次も勝ちきりたい」と新潟県勢初の4強入りに闘志をみなぎらせた。

国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)