【川崎】昨季MVP小林、必勝祈願で願ったのは「家族の健康」…タイトルは神頼みせず「自分の力で」

2018年1月11日19時12分  スポーツ報知
  • 中村(右)のセーターに手を伸ばす小林

 昨季Jリーグ初制覇した川崎が11日、川崎市内の川崎大師で必勝祈願を行った。昨季34試合23得点でJ1得点王に輝き、ベストイレブン、MVPと3冠を獲得したFW小林悠が報道陣に対応。祈願した内容を聞かれると、「普通に家族の健康を祈りました」。続いて、「タイトルとかは自分の力でとるもの」と話した。

 この日から川崎の2018年シーズンがスタート。「新しい2018年に向けてすごくサッカーしたいって気持ちができあがっている」。12日からの宮崎キャンプで練習を開始する。今季はF東京からFW大久保が復帰。13、14、15年の得点王と、17年の得点王が再び同じユニホームを着てピッチに立つ。連覇を狙う川崎がいよいよ走り出した。

国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)