【浦和】西川、最少失点記録更新だ!バランスディスクで体幹鍛える

2018年2月3日6時0分  スポーツ報知
  • セットプレーの守備練習を行う浦和GK西川

 浦和の日本代表GK西川周作(31)が2日、自身に最適な準備運動を見つけたことを明かした。今季から練習前に不安定なバランスディスクに乗っており、「昨年の今頃と比べ、体の状態がいい」と手応え。過去最高のコンディションで24日のF東京との開幕戦(アウェー)に臨み、16年に記録したリーグ最少失点タイの28失点を更新することを目指す。

 「自分に合ってるんです」。西川は宝物でも見つけたかのような笑顔を見せる。練習前、バランスディスクに片方の足で乗り、体幹を含めた筋肉を刺激し、ボールを軽く蹴り、関節の可動域を広げる。「(体の)安定性が増しました」と言う。

 沖縄2次合宿3日目のこの日、3日の練習試合・川崎戦に向けてセットプレーを確認した。昨季はサイドからのFKで公式戦3失点した。「3点しかと考えるか、3点もと考えるか」。西川はもちろん後者。ゾーンでの守備にトライしている。マンチェスターCのGKエデルソンの映像を見るなど向上心は高い。昨季の54失点の悪夢を払拭し、2大会連続のW杯メンバー入りへ、最少失点にこだわる。

国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)