【柏】FW江坂「チームの勝利に貢献するプレーを。A代表も見えてくる」

2018年2月8日21時56分  スポーツ報知
  • 居残り練習をする柏の選手たち。左から2番目がMF江坂任(あたる・25)

 J1柏はACL1次リーグ初戦(13日・全州)の全北現代(韓国)戦に向けて8日、柏市内で非公開練習を行った。大宮から新加入のMF江坂任(あたる・25)は、全体練習後も複数選手とシュートの確認などを行っていた。

 全北現代は、韓国代表選手や長身FWなどを擁する韓国リーグ戦王者。江坂は「相手はバチバチ攻めてくると思うが、今まで通りフィニッシュにいいボールを出したい」と意気込んだ。

 今季初戦のACLプレーオフ(1月30日)のムアントン(タイ)戦、2戦目のJ2千葉とのプレシーズンマッチ「ちばぎん杯」(4日)と2戦連続で先発出場。主にピッチ中央での配球から好機を演出し、存在感を見せた。柏が得意とする両翼の攻撃も活性化させ、チームの複数得点につなげた。

 ACL本戦を控え、「チームの勝利や得点を決めることはもちろん考えるが、海外選手を相手に、どれだけ自分のプレーが出せるかも試したい。そうすれば、上(代表)が見えてくるのかなと思う」。チームが目指すアジア制覇に加え、自身のステップアップも誓った。

国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)