【浦和】屋外電波時計ゲット!柏木主将「しっかりリズム時計さんを見て、時を刻んでいきたい」

2018年2月16日15時42分  スポーツ報知
  • クラブハウスに設置された電波時計をお披露目した(左から)浦和MF柏木陽介、リズム時計の樋口社長、浦和DF宇賀神友弥、浦和の立花副社長
  • 腕時計を披露する柏木(左)と宇賀神

 J1浦和は16日、サポート企業の「リズム時計」(本社・さいたま市)から屋外電波時計を贈呈された。主将のMF柏木陽介(30)、DF宇賀神友弥(29)らによって、クラブハウスのグランド側壁面に設置された直径70センチの電波時計がお披露目された。

 リズム時計の樋口孝二社長は「新キャプテンの柏木選手のもと、浦和レッズの歴史を作っていってください」とエール。柏木は「日頃、時計を見ることが多いです。しっかりリズム時計さんを見て、時を刻んでいきたいと思います」とこたえていた。また、屋内用の電波時計10個、腕時計11個も寄贈され、宇賀神は「腕時計をして試合に行きます。この腕時計を勝負時計にして、今年リーグ優勝出来るよう頑張ります」と話していた。

国内サッカー
注目トピック